上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
県税事務所に問い合わせた。
住所変更後、8月に再送されるので、8月末までに納めればいいそうだ。
・・・そんなのでいいの??

電話で済んでしまった。
必要だったもの:登録ナンバー。去年の納税証明書を見れば済んだ。
スポンサーサイト
2004.05.31 Mon l l top ▲
前後するけど。

1997年12月26日の渋谷でのライブ。
1998年3月14,15日箱根旅行。

というのが実はターニングポイントだったらしい。
どっちもいたよ、オレ。

渋谷のライブ(何のライブ?)
箱根旅行(何しに行ったのか?)
コンベンション会場出展(・・・)

あたりの、一般人にもわかりやすいキーワードがキワドくてよかった。

シリウス8世・あすか正太・ひゃっき・た~じおん・かな。さんら(もう一人ハンドル名忘れた・敬称略)混沌メンバーによる「ハッピーサマーウェディング」。
なかなか空気読んだ選択でよかったのでは(笑)。
2004.05.31 Mon l l top ▲
接触するまですごかった。
B・A・Rがピット作業を見違えるほど進歩させたし。2stopsのクルサードの前に琢磨を滑り込ませるなんて柔軟な戦略ができるようになったとは。
今回の観戦には2ちゃんねるの秘密兵器を投入したので琢磨をずっと追いかけていたが、タイムをきっちり1分30秒台、タイヤのグレイニング時も31秒台で刻んできていて、スペインからの成長がうかがえる。だからこそバリケロとの勝負も可能な場所まで持ってこられたのだし、魅せてくれた。結果にならなかったのは残念だけど。

参考 ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~yuzuki/f1/

森脇解説と川井情報を満喫。これを聞けるならスカパー減価償却して余りあるね。

接触について。
カメラの角度によるけど、普通の感覚で見ると琢磨突っ込みすぎ。
とはいえ、燃料重量は両者同じ、タイヤは琢磨の方が新しくてグリップあり。ブレーキで止まれる自信はあっただろうし、実際に止まっている。
琢磨が無茶だったとすれば、バリケロは避けても立ち上がりで抜き返せただろうし、審議が入ってペナルティになったはず。
もうひとつ、仕掛けるとすれば琢磨にはあのタイミングしかなかったのは事実。ニュータイヤ2周目で、次の周にはタイヤのグリップが無くなることが分かっていたので、その後にチャンスは残っていない。それはラップタイムのデータが示している。

3位で満足せず、2位を狙ったことについては・・・まあ、賛否両論。
バトンやプロストなら間違いなく仕掛けなかったし、ミハエルやモントーヤやセナだったら同じことをやっていた。
2004.05.31 Mon l l top ▲
雨が降ったり止んだりで。日本時間0:15に始まった中継も、8:00に放映時間切れで終了。野球中継みたいな中途半端な終わり方だ。
結局映像で見られたのは170周目くらいまでだったが、171周で雨がまた降ってきて、そのままイエローで終了したらしい。
結果としてはホンダ-イルモア搭載車が1~7位。8,9位にトヨタ2台、10位ロジャー安川、11位松浦孝亮。

さて、ヨーロッパGPの復習するか。
2004.05.31 Mon l l top ▲
秋葉原途中下車。2号くん指定のアソビットで「逆転裁判3」購入。
でもその前に4Fで「超合金魂ザンボット3」を見てしまい、しばし固まる。しかも隣にはデカベースロボが。こちらも本日発売。今朝のデカレンジャーで初変形だったからね。
買ったら大変だ。ロッカーに入らん。

おっと着いてしまった。

***追記

結局、大箱は買わなかったが、「ロッカーに入れりゃいいじゃん」と、書泉で本を買いまくってしまった。会場行く前に。
ももたまの本がかなり集中してて、「ももいろスウィ~ティ~1」「せんせいのお時間5」「おみたま通販便」と3冊も。「ななはん」は購入済。
特撮ムックの所では「超合金魂計画」なんてのがあったり、車で「CART1993-2003」とか出ていて、ここまでで1万円分。

で、新橋駅のロッカーは埋まってた(笑)。
2004.05.30 Sun l l top ▲
そういえば!
自動車税を払っていないことに気づいた。
去年引越で、住所変更してないよ。だから書類が届いてなかった。
5月31日は幸いにしてインディ500有休を申請していたので、問い合わせて払いに行くか。

それにしても、市役所に住所を登録しているんだから、税金とかは追いかけてもいいもんだと思うが。住基ネットは何に使っているのか。

明日は例の結婚パーティで新橋へ12:00。電車。
あ、「逆転裁判3」買っておけば電車の時間で遊べたのに。
「せんせいのお時間5」「少女少年VII」あたりのこちらで売ってない本も買ってこよう。
とはいえ、今年はF1優先なので21時までに帰ってこないと。そしてインディ500だ。
2004.05.29 Sat l l top ▲
昨日の夜は、自転車で1時間ほど走ってみた。
時間的に心の余裕が出来た証拠? 自分的に無駄なことをやってみる(笑)。
1時間でも、結構いろいろ回れるもんだな。時速10km以上で走っているわけだから当たり前か。

本日は7:30にテレビでセーラームーンをやっているのを見た記憶があるがまた寝て、9時に電話があったような気がするけどまた寝て、11時に起きた。
天気も良く、布団を干して洗濯2回。そして洗車に行く。

戻って今度は自転車で移動。駅の向こうの床屋を回って、HARD-OFFでAVケーブルを探す。ジャンクで安く出てた気がするが、そうでもなかった。これならヤマダ電機でポイント貯めた方がいい。なんでケーブルかというと、先日戻ってきたRD-XS41とRD-X2をAVセレクターを挟んでモニター出力を変更したかったから。今はXS41→X2→テレビという流れなので、X2使用中にXS41がモニターできない。

帰り際に古めのカローラとサニーがぶつかっていた。そういえば昨夜もすぐ近くでスカイラインとプリメーラワゴンがぶつかってパトカー3台来てたな。自転車だとやじうまになりやすい。
それにしても、前が潰れてもフロントガラス割れないもんだね。ベンツの安全神話がよく言われるが、国産車が劣るのかというとそんなこともないと思うけど。三菱を除いて。

フリー走行4回目のライブタイミングを見ながら転寝(うたたね)。起きたら19:30。慌ててexcelでタイム集計して予選に備える。
よし!佐藤琢磨B・A・Rホンダ、予選1回目トップ。
2004.05.29 Sat l l top ▲
この程度の時間とこの程度の回転では何も起こらないか。
いい感じの進み方だ。

1~4月は大変だったが、今やっと落ち着いた。
暗中模索から、とりあえず立ち位置を確認。
2004.05.29 Sat l l top ▲
で、本日テスト開始。
1h09m ***00r/m
慣らしと高Ne確認。
壊れずに進んでいることが不思議な感覚。
2004.05.29 Sat l l top ▲
だんだん仕事の内容が増えるな。まあ、今のメインは完全にそっちだからな。
本日は1台目が完成して、その反省まとめ。
数千点の部品、ほとんどが新設計で、それがすんなりと形になるというのは奇跡。人間がやっているのだから、すべてがうまくいくことはありえない。
去年は主に2つの重要部品に設計ミスがあり、その修正で1号機の完成が2週間遅れた。(とはいえ、それが今走ってるヤツだが)
今年はミスが驚くほど少なく、すんなり組めた印象。

そして重量測定。3Dモデルで計算はできているものの、実際に完成したもので実測。・・・今まで聞いたことのある、同業他社製品のどの数値よりもいい値。
2004.05.29 Sat l l top ▲
来年用が1台として形になってきた。
Rバンク単体は、本日***00rpmまでのデータを確認。
こんなにすんなりと進むことも珍しいが、この先に落とし穴はないだろうな。
2004.05.25 Tue l l top ▲
F1界でヒール(悪役)と言えばシューマッハーと決まっていた。10年前から。今年は弟も加入。かつてフラビオ・ブリアトーレとコンビを組み、ヨス番長を従えていた頃の兄には劣るが、ここ数戦の悪役ぶりは見ての通り。
その弟が、アロウズに代わってダークなイメージを背負ったトヨタに移籍することが決定し、今週のヨーロッパGP初日の金曜日に発表されると報道されている。

またすごい組み合わせだ。

動弁系Rバンク回り始め。
2004.05.25 Tue l l top ▲
「フェルナンデスレーシング?」と一瞬思ったJaguar。オーシャンズ12とかいう映画とタイアップして、ノーズにはダイヤモンドを埋め込んだ。ところが1周目のクラッシュでノーズ破損。ダイヤモンドはどこかへ飛んでいってしまったらしい(実話)。
川井ちゃん情報では数十万円程度のダイヤだということだったが、数千万円のダイヤだと言っているメディアもあったりして、真相は不明。
「ノーズコーンの方が高い」という僕の突っ込みと同じことを川井ちゃんも言うので、「ああ、またカブった」と反省。

残念なのは、今回タコメータ(スパイ針)が出なかったこと。モナコのビル群ではさすがに音が拾えないので解析できなかったんだろうが、最後のバトンの追い上げのあたりとか、かなり興味深い数値が読めたはず。

モナコの次はインディ500だろう。今年はめずらしくモナコとカブらなかった。でもヨーロッパGPとカブって結局F1と同日か。時間が別でよかった。月曜休んで見る方向で。
サッカーとかで「モナコ」と聞くと、どうも違和感が。「バーレーン」もそうか。F単としてインプットされている。

今回の地上波のゲストについて。
鈴木亜久里・・・インディ優先だが、前出の通り翌週なので無問題。第一ここに住んでるし。
片山右京・・・・山登り・パリダカと被らず。
近藤真彦・・・・ル・マンもFポンも被らなかった。
なかなか揃うのも珍しいけど。
フジテレビ721では例によって噛みあわないスタジオ熊倉と、現地今宮&川井コンビ。竹下実況もちょっと甘い。

最強布陣は、実況西岡(アミーゴ伊藤次点)+解説森脇+現地川井ちゃん かな。川井ちゃん+土屋圭市の掛け合いを延々聞くのでもいいや。
塩原実況はポエムがイヤだ。久しぶりに三宅・馬場実況も聞いてみたい。
最低布陣は長谷川実況+熊倉解説。永井・近藤は言うに及ばず。
2004.05.25 Tue l l top ▲
モナコでの「ルノー対ホンダ」といえば、散々出てきた「1992年第50回モナコグランプリ」が思い出される。当時まだF1実況3年目の三宅アナが「絶っっっ対に抜けない!ここはモナコモンテカルロ!」と叫んだ有名なレース。開幕6連勝を目前にしたウィリアムズ・ルノー マンセルがタイヤパンクでピットイン、2位を走っていたマクラーレン・ホンダ セナがトップに立ち、残り数周の大バトル。
マシンバランスを欠くマクラーレンに対してスピードに勝るマンセルが何度も並びかけるが、最後まで押え切ってセナの優勝。セナは1989年からのモナコ4連勝(翌年も優勝して5連勝を記録。しかし6連勝を狙うはずだった1994年モナコGPの前戦で事故死。1987年にロータス・ホンダで優勝していて、1988年のトップ独走中残り12周でのドライバーミスによるクラッシュがなければ7連勝だった。)。
2004.05.25 Tue l l top ▲
台風一過で晴れるはずが雨。午前中は降ってなかったが。
部署のボーリング大会ということで参加するはずだったのが、10時集合に対して10:37に起きる。7時に一度起きたのだが。
それでも近所なので11時に到着。2ゲーム目は参加していた。モナコ観戦用のビールをもらって帰る。

同僚から飲みの誘い。モナコに向けて前祝いか。モナコ予選はうちで観戦することになったので、掃除。
先日の結婚話から派生して、シリウスくんから結婚披露パーティのお誘いが。来週とは。なかなかタイムリーだったんだな。しかし電話でOKと言ったら、案内メールは結婚する本人から送られてきたよ「代筆です」って。

去年「オルダム継手」で苦しんだ同僚に「ナッちゃん」を見せる。プレQそっちのけで読んでいた。
せっかくフェラーリが沈んだので上に来て欲しかったが、琢磨は2セクでミスして8位。BMWエンジンが壊れた2位のラルフが10位降格して琢磨は7位スタートになるが、フェラーリの前には出たかった。

終わってファミコン。
元プロボクサーにシューティングをやらせたら、本当に避けるのがうまい。20年前のファミコン漫画では「動体視力と反射神経」がキーワードで、「格闘技をやってるヤツが強い」というのが基本設定だったが、やはり(笑)。
2004.05.23 Sun l l top ▲
タモリ倶楽部でジャンクション特集。柳瀬さん登場。
そうか、江川さんつながりだったのか。今まで気づかなかった。

通ったことのあるJct.の語りは面白い。運転者は標識に従って進んでいると実際にどういうルートを動いたのか結構わからない。それを後から地図で確認するとか、ルートを書いてみると結構発見がある。今はカーナビのおかげで進みながらルートの確認ができるので、今回の特集は「なるほどあそこか!」というのが自分でもわかって面白かった。
川口Jct.の右折だが、首都高から下ってきて外環三郷方面への右折って、ルート設定としてあまり正しくないような・・・。首都高700円から外環500円への接続ってあまりやりたくない。関越から千葉へ抜けるとか、千葉から和光への移動でしか外環は使わないなぁ。東北道を使うと特に。250円でいいじゃんと思ってしまう。外観は下をそのまま通れるからなぁ。下が混んでいれば、外環も混んでるのだ。
まあ、これはJct.とはあまり関係ないか。だから美女木Jct.の信号待ちも、今まで1回しか通ったことがない。

というのを、出演者とMSNで話しながら見ていたりして。
2004.05.22 Sat l l top ▲
立てこもりなんて話題にも上らない。かえって遠くの人の方が騒いでる感じ。オウム事件の時の上九一色村の住民の心境? 「国会議員も大変だね」と車内テレビを見ながら国会議事堂の前を通るみたいな。
あのマンションに住んでる人もいてもおかしくないくらい人間いるんだけどね。中学生の家族は間違いなくいる。でも9.11くらい別世界の話。

今日も午後から雨。
昨日からの組み立ても、僕の担当箇所は何の問題もなく完成。普通は初期ロットというのはそれなりに不具合があるものだが。優秀優秀。
さて明日から回るかな。
2004.05.19 Wed l l top ▲
右側のHEADのみ出来上がってきた。僕の担当はその中身。先週あたりから部品もそろい始め、そろった部品からくっ付けている。
パズルの楽しさはわかると思うが、そのピースを3次元で考え、他人が理解できるようにコンセプトを説明し、説明図を描き、それぞれ全然別のメーカーで材料を作り、また別の場所で加工して、表面処理して集合したものを組み合わせる瞬間というのは、最初に考えた人間にとってとてもドキドキする。
何しろ考えてから1~2ヶ月は経たないと形にならないのだ。どこか1つ失敗していると、うまくいかない。ミニ四駆なんかだと、その場で現物あわせで作るんだが。何人もの他人の手が入ると、なかなか自分の思い通りにはならない。

先日完成した部品群(あー、専門用語使わないのって疲れる)の評判が上々。「こんなの考え付かない」というのは最高の誉め言葉。

あー、立てこもりやってるのはかなり向こうの方だから。ご心配なく。
2004.05.19 Wed l l top ▲
風の噂でレツゴー関連の結婚の話を聞く。なかなかびっくりするカップリングだ。どこかでニュースにしてないかと知っていそうなハンドルで検索すると、ここで見つけた。
http://member.nifty.ne.jp/sirius8/index_8.htm
おめでとうございます。

ホンダフィットの5MT車が出るということで、周りでも商談の話が出始めた。
うーん、フィット好きだからMT欲しいんだけどなー。2台はいらないし、金払って買い換えるのも抵抗がある。
とりあえず見積もり・・・
http://slf.honda.co.jp/index.jsp
・・・と思ったら、まだ発表前なのでラインナップされてなかった。
2004.05.17 Mon l l top ▲
Honda-Ilmor搭載車が7位まで独占。Toyotaトップは8位のエリオ。これをはさんで9位に松浦がルーキーTOP。ロジャー安川12位。

高木虎之介はこの日ウェーブオフ。

そうそう、スピードパスを作った。早速使ってみたが便利。
2004.05.16 Sun l l top ▲
「クイズマジックアカデミー」というのを見つけたのでやってみた。
以前2号くんが面白いと言っていたのはこれだったか?
カードを作ってオンラインでクイズ対戦できるようだ。最初に1ゲームやってみたら、どういう風に選ばれているのか知らないが、高崎だったり吉祥寺だったり伊勢崎だったり名古屋だったり、近いんだか遠いんだかわからないメンバーと対戦になった。
3回戦あって、最初16名だったところから4名ずつ落ちていく。最後は4人で決勝戦。普通に決勝に残って結果は3位。
なんだ、カードを作っておけばよかったと思ったが、その基体ではどこでカードを買うのかわからずうろうろ。ちょっと視点を離してみたら、4台1セットで真ん中に発券機があった。アミューズメントのレイアウトに慣れてないな。

ということでカード作成で300円。
総予算を1000円と設定。アミューズメントで1000円も使うなんて珍しい。
結果、6ゲームで3回優勝。1級まで昇格。なかなかの勝率?カード作ってからは決勝での勝率100%。
この先にどんな面白さがあるのかわからないけど、久々に金払ってやろうと思えるゲームだ。
2004.05.15 Sat l l top ▲
インディ500の練習走行がスタート。
この5月から6月というのはモナコGP、ル・マン24時間と続く世界3大レースが集中。語り始めると止まらない。

そのインディでこの日、松浦孝亮がトップ。フェルナンデスの2台が1-2。Hondaユーザーが上位を占めた。高木虎之介は下の方から上がれない。
2004.05.14 Fri l l top ▲
今日も夜は雨。

朝、会社へ渡る数少ない橋の真ん中で、日産エルグランドが立ち往生してJAFが来ていた。こういう渋滞の原因は石を投げてやりたい。

インディ500のフリー走行、今度はロジャー安川が3位に。
ポールリカールでは新スペックが走り出した。バトンがトップ。
フランスもアメリカも雨が降る場面があったようだが。

大林素子はバレーで忙しいはずなのに、生放送のモーパラに出ていた。
Fポンがあるとはいえ、スペインGPの内容短くないか。しかし最近のFポンにはレースの伝統とか歴史が微塵も感じられない。

結局、ラルフ・シューマッハはトヨタに買われるようだ。
「日本の決済待ち」という表現がほほえましい。誰がサインするんだろうね。
2004.05.14 Fri l l top ▲
やっと「逆転サーカス」終了。
なかなか複雑で面白かった。この1話でゲーム1本分楽しめた感じ。

今日も夕立からの雨。今週は毎日雨だったか。

最近、「F1der」が出るのがひそかな楽しみで。
この本の文章書いてる人、どんな気持ちなんだろう。オレだったら発狂したくなるね。確かに全くの嘘は書いてないけど、仮定に仮定の積み重ねで。

「せっかくのチャンスを逃す」
どこにチャンスがあったんだろう?
「ペナルティが無ければポイントの取れたレースだった」
ペナルティを引き起こしたのはあんたの車なんだけど。しかも走っていたって間違いなくマクラーレンの下なんだが。

しかしながら、今年失敗している理由を一番詳しく書いた記事もこの本だったりして。津川哲夫も容赦がない。「図面をコピーした」とまではさすがに書かないが、それでもフェラーリF2003-GAの真似をしたことが失敗の原因と明言。
ミシュランタイヤを使っているのにサスがミシュラン化してないとか。そりゃフェラーリはブリヂストンだからな。来年はタイヤ履き替えたりして。
「ミシュラン勢の中ではビリ」というのは編集で削除されなかったのか。他のページとの温度差がすごすぎ。

そういえば朝、さっそくエリシオンに抜かれた。新車を発表日に納車されるってどうなんだろう?
2004.05.14 Fri l l top ▲
KIMI RAIKKONEN

In my final stop we had to put some air into the pneumatic system's airbottle as the pressure had dropped a bit.

メルセデス・イルモアエンジンは去年までAirPumpを使っていたはずだが、今年はやめたのか。みたいなことがうかがえる。マレーシアで終盤クルサードが止まったのもエア漏れだったし。
だいたいやってることと、失敗する原因がわかるので面白い。
エキゾーストバルブシートのリーク、なんていう事例でサンマリノのエンジン交換もあったが、なるほど多分アレ。とか。去年もバルブだけ交換とか、面白いことをしていた。このあたりを聞いて楽しめる人間は世界でも数えるくらいしかいないだろう。

B・A・R Hondaのピットクルーは、あれでも最低で高野くらいの年収はもらっている。そのせいで監督がポロックからリチャーズに変わったときにずいぶんリストラがあったけど。
CSでは川井ちゃん情報で「今までジャッキアップしてから給油ノズルを差し込んでいたのを、サンマリノの反省でノズルを入れてからジャッキアップする手順に改めた」との改善報告が。去年、フランスで燃料が入らずにピットアウト後のガス欠があったために確実性を取っていたのだが、トップ争いをするならこうも言ってられないということに漸く気づいたそうな。

今日も雨。
19:23にやっとRD-XS41の修理が終わったと連絡が入った。4月16日から実に24日だ。全くふざけてる。だいたい月曜に届いても取りにいけないじゃないか。
2004.05.10 Mon l l top ▲
夜9時台は同僚で話をしていたのだが、帰ってみたらフリー2で1-2だった。

RD-X2経由でテレビを見ていたら、突然チャンネルが変わった。ああ、タモリ倶楽部を録画してたんだっけ。明日も仕事だし、連休明けだから金曜日って感覚がなかったよ。

そのままにしてたら、MCで江川達也と出てびっくり。自腹で映画みたりする番組で司会してた。
2004.05.10 Mon l l top ▲
20時で帰る。
逆転裁判2を買って来た。ごめん、日記読む前だったよ。3の時ね。
2004.05.10 Mon l l top ▲
佐藤琢磨がフリー走行でトップ。前日の不運も、今日は結果につなげた。
今日は世間が休みなので、会社に出てくる人間も早く帰る人が多かったが、18時台はそれなりにネット観戦。この時間はさすがに仕事に身が入らない。

家に帰って予選。1分13秒台のレコードからすれば、午前中の14秒台もちょっと物足りない。そして予選2回目も15秒台にやっと乗るくらいか。結果として琢磨3位だが、ポール争いをする予定だったことを思うと盛り上がらない。
まあ、公式記者会見に琢磨がいるというのはなかなかいいものだ。開幕戦では予選3位モントーヤと同タイムで4位だったバトンが記者会見に出られなくて悔しかったものだが、前回は真ん中に座っていたからなぁ。贅沢な。

BBCでザナルディ特集やっていたので録画。
2004.05.09 Sun l l top ▲
地上波は最初に盛り上げて、後はつまらない展開になるでしょう。
今回はタイムモニターをにらみながら、川井ちゃんの現地情報を聞けばなんとか楽しめるというレース。観客はアロンソファンだから盛り上がっていたが。
トヨタが佐藤琢磨やフェラーリに道を譲るシーンは多分カット。
マクラーレンが2台そろって周回遅れになるところは、まあ映すか。

ゲストに脇阪寿一が来ているので、彼のコメントだけ聞いていればいい。
実況は西岡なので多少安心。それにしても長谷川はミナルディを認識しよう。
ブルーニとバウムガルトナーはともかく、JaguarやWilliamsと見間違えるのはちょっと危ない。熊倉とのコンビも大変なんだろうが。

今年2度目の2台入賞も、大して印象に残らない結果。

雨だったので、ほとんど逆転裁判2。プールに行ったくらい。
2004.05.09 Sun l l top ▲
雨の降る中、社会復帰に向けてリハビリ。でもほとんど逆転裁判をやっていた。なるほど最後まで楽しめた。2を買ってくるか。
2004.05.06 Thu l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。