上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
MotoGPクラス。
午前中はウェットからドライへ変わる路面。午後はウェット。
ということで、ベストタイムは午前中の最後に記録されている。

タイミングによるものなので、評価しづらい。
カワサキのホプキンス、ウェストが1-3。
2位にスズキのカピロッシ。
4-5にはホンダ・グレッシーニの2台、デ・アンジェリスと中野。

つまりは、BSタイヤが上位5台。

ワイルドカード参戦で、ホンダがついに実戦投入のニューマティックバルブ搭載新エンジンを駆る岡田忠之。午前中のタイムで17位となっている。
スポンサーサイト
2008.05.31 Sat l MotoGP l COM(0) TB(0) l top ▲
こんな車売ってます。

オークションなので、消える前に画面保存。
aguri.jpg



1台いかがですか?
2008.05.29 Thu l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
ディクソン、史上最高の3億円獲得

190057_0.jpg


第92回インディ500の翌日。"Pay day"って言うのは知らなかった。賞金払うからね。

優勝したスコット・ディクソン(ニュージーランド・27歳 ターゲット・チップ・ガナッシ ダラーラ/ホンダ/ファイヤストン)の獲得賞金額が、298万8065ドルということで、日本円にして3億円超え。

チャンプカーと合併して、賞金総額も過去最高。1440万6580ドル(=14億9400万円)だそうな。

日本人、武藤英紀(魚河岸6代目になるはずだった男?・25歳 AGR)は7位。
獲得賞金は30万7115ドル(=3100万円)。



・・・ま、レースで賞金1億円ってことが注目された時期もあったわけだが。
参加するのにそれ以上かかってるということを考え始めるとどんなもんかと。

F1なんか、賞金額非公表だけど。でもこれより動いてるわけで。


先日のFポン。あれも表彰式で賞金見せるんだけど。
1位500万円なんだよね・・・。


スーパーアグリF1救うには100億円以上。
去年マクラーレンが払った罰金が100億円(後に減額)。


今日も日本では野口英世賞なんてのが授与されて。
賞金が1億円だって。

金額がよくわからなくなってきてるな。
100万円クイズハンターっていつまでやってたんだっけ?
2008.05.28 Wed l IRL l COM(0) TB(0) l top ▲
今日、島耕作の社長就任パーティがあったそうな。

島耕作、社長就任式で所信表明 「合言葉は“シンクグローバル”」


このページにも、なんとなく「島耕作クロニクル」へのリンクを貼っていたりするのだが。
島耕作の2006年までの経歴をまとめた本。
さすがに全巻用意してないので、この本だけ持っていて必要な(?)所は漫画喫茶かBOOK OFFで立ち読みすればいいかと。

そんな本を持った しょこたん 。

しょこたんブログ




高橋克典って、「島耕作」と「サラリーマン金太郎」、両方演じてるのね。
2008.05.28 Wed l 雑記 l COM(2) TB(1) l top ▲
怪我の功名? 干されたヒロミが億万長者になった!

なんかテレビは干されたけど、別の事業で儲かっているらしい?
↓そんな億万長者ヒロミの最近

◆レーシングドライバー脇阪寿一(35)、高速道でレクサスLSの後輪がパンク
 芸能人のヒロミ(43)がトランクからジャッキを出してスペアに交換
http://ameblo.jp/hiromi515/entry-10099415747.html
http://www.js-style.com/blog/archives/2008/05/post_163.html

タイヤ交換もしたことなくて、おどおどするレーサー寿一。



空き巣捜査中、パトカーが駐車違反…神奈川県警金沢署

なにやってんだ。


◆F1グッズの老舗店、「スーパーアグリF1」関連グッズの注文が殺到

 「10月の日本GPに、スーパーアグリF1チームのこれまでの戦いを称えようと
 同チームグッズを身にまとい観戦する人もいるようだ」と三重・伊勢市にあ
 る開店20周年のF1関連ショップ「GRANDPRIX」の濱口規育代表。
http://iseshima.keizai.biz/headline/454/

*****
サーキットでは投売りされてたけどな。
2008.05.28 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
F1(MotoGPも) 講演情報

◆自動車技術会、パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2008」

 21~23日に開催。今年は17回目で国内外392社の企業が参加。本田技術研究
 所の角田哲史氏による「ホンダのF1への挑戦」など8つのフォーラムも開催
 する。昨年は約5.7万人が来場した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000001-hsk_yk-l14
http://www.jsae.or.jp/expo/


これに行ってきた。5月23日(金)。

HondaRA808E.jpg


SUBARU_WRカー


YAMAHA_YZR-M1.jpg




内容。

富士重工業(株)
「モータースポーツに挑戦を続けるスバル」

(株)本田技術研究所
「ホンダのF1への挑戦」

ヤマハ発動機(株)
「不等間隔爆発エンジンとモトGP」


以上3講演を午前中に。
10:00~11:45


**********


まずスバル。
講演者は 嶋村誠氏/スバル商品企画部主査 という人物。

群馬県前橋市出身 という紹介で、多少親近感はあったんだけど。
「今の職場が栃木、出身が群馬、大学は茨城だったので、北関東を制覇しました。」なんて言葉が印象に残ったくらい。 全体としては紹介だけで物足りなかった。

スバルのモータースポーツ活動の歴史と理由について。
「理由については、ブランド力を高めるため。 技術力・商品力のアピール。 」
お客様に対して、自分の持っているブランドが世界選手権等で活躍していることで、持つ歓び・乗る楽しみを感じてもらおうと。

中心にあるのはWRC。1980年のサファリラリー挑戦から始まる。
レオーネ、レガシィ。1990年からはディーラー選抜メカニックでチームを編成するスタイルとプロドライブとの契約を始め、成功している。

1993年には軽自動車ヴィヴィオでも参戦。「こんな小さいクルマで何をしにきた?」とからかわれたが、SSでトヨタセリカより速かった。

1995-1997年の3年連続WRCマニュファクチャラーズチャンピオン。
・・・しかし技術内容は全く触れず。
聴講者が知りたいのは、その技術的な部分なのに・・・。

他、ニュル24時間の話と、世界速度記録。
最後に今年仕様のWRカーを紹介して終了。

質問コーナーでは、ヤマハ発動機の人が
「ドライバーが思い通りに動かせるということだが、それに一番寄与した項目は? 資料では空力、重心、出力という3項目を高めたとあったが」
という質問。
でもその答えが
「実はその3つのどれでもない」
と言い出して・・・。
引っ込みがつかなくなったのか、これについてはちゃんと答えていた。
「一番寄与したのは、地面に伝えるということ。四輪をいかに路面から離れないようにするか。そういうサスやボディの設計が重要だった」
・・・それ資料のどこにも書いてないよ。

2つ目の質問。
Q「商品企画段階で、レース仕様のことをどこまで考えているのか教えてほしい」
A「量産とレースは全くの別モノだという考え方があったが、2006年のレギュ改正で近いモノになっていった。」
・・・ちょっと質問者の望んだ答えではなさそうだけど。

大学の先生という人が、
「WRカーの前後の重配は?」
なんてことを聞くもんだから。それどう考えても答えもらえないでしょ(笑)。
講演者も釘をさされているいるのか、しどろもどろになりながら流していた。

他、大学生の質問は
「ハッチバックにしたことの利点は」
というもので、これについてはまともな方向に。
「フロントのオーバーハングが短くなったことと、ホイールベースが長くなったことで安定した」
という回答。
さらに量産車の市場の話に発展して、ハッチバックとセダンのニーズについてとか。
「アメリカでは中が見えるハッチバックは敬遠される」とか。

ということで、モータースポーツを走ってますよー、という話だけで、技術的な内容は一切なかった。



**********



次にホンダ。
「会場には第2期で活躍された大先輩もいらっしゃるので恐縮ですが」
と始めたので何かと思ったが、後藤治さんが来てたのね。第2期マクラーレン・ホンダ時代の総監督。
その後、マクラーレン、フェラーリ、ザウバーを渡り歩き、現在は独立。
わざわざスイスから御苦労さまです。

F1の素人向け紹介から始まって、量産車と比較した加速性能とかGとか。
そして近年のレギュレーション変更を細かく。
ダウンフォース量の年次増減グラフ等を見せながら、「レギュレーションが厳しくなっても、すぐに取り返している状況がある」という説明。

続いて講演者である角田氏の専門分野・エンジンについて。
「2006年からのV8化が大きな変化だったが、それによって全開頻度が上がった。たとえば高速のイタリアGPでは、V10が68%だったのに対してV8では74%にも上る。コースの3/4でドライバーはアクセル踏みっぱなし。」
そんなデータが示された。

2007年からさらに回転数の上限が規制された。
回転の上限が決められるというのは楽になると思われがちだが、逆に使い切ることを考えなければならないので新しい問題が発生した。

今後は2011年以降のレギュレーションが討議されているが、おそらくは環境配慮のルールになるはずであり、それでもホンダは挑戦を続けていく、という締め。


司会者から「素晴らしいタイムマネージメントで質問時間がありません」という失礼な皮肉を貰っていたが(笑)。
(この司会者もどうかと思うが)



**********



個人的な本題。事前に一番興味を引かれたこれ。
ヤマハMotoGPの不等間隔爆発エンジンについて。

まずは先日のフランスGPで、ヤマハが勝ったビデオから。
「表彰台独占だったので気持ちよく話せる」と自慢。

「不等間隔爆発がなぜ速いのか、明らかにされていなかった」
という話から。

「リアタイヤの路面との接触面に働くトルクパルスが互いに近寄ると、タイヤをスリップさせ、次のパワーパルスが発生するまでの長いインターバルの間にタイヤが回復して強くグリップする」
という怪しい理論が流布されて信じられていた・・・
講演者ももちろん信じてなくて、タイヤの話をするなら等間隔爆発でタイヤをスリップさせない方がいいだろうと思っていると。

それではなぜ不等間隔爆発なの?
結論を先に言うと、不等間隔が本来の目的ではなく、回転変動が最も少なくなるのが90度クランクのため、結果として不等間隔になったにすぎない。


2輪のレースでは、4輪と違ってハーフスロットルを多用する。
そこで全開性能だけでなく、トルク制御などのドライバビリティが重要である。

通常の直4エンジンは180度クランクで設計する。
これによって簡単な構造で往復1次慣性力が内部で釣りあうことと、等間隔爆発で低中回転域の振動を小さくできる。
ところが高回転域では2次の慣性力と慣性トルクが大きく、MotoGPには適さない。

ライダーが欲しいトルクは、スロットルワークに比例した爆発トルクだけであって、慣性トルクは不要。
ところが慣性トルクは回転数の2乗に比例して大きくなるので、対策としては爆発トルクを大きくするか、慣性トルクを小さくするか、その両方ということになる。
この意味ではビッグバンエンジンは爆発トルクを大きくする効果があるので対策の一つであるといえる。

結局、90度クランクの不等間隔爆発によって、スロットルを閉じている間にエンジンは滑らかに回転してくれるので、静粛なエンジンになる。



質問。
これは僕も質問しようと思った内容だが、先に出たので。
「ライダーの要求によって開発されたものか」

その答えとしては
「ロッシには180度クランクと90度クランク両方を乗り比べてもらった。」
それに対するロッシのコメントは
「90度はスイートで疲れない。タイヤのコネクションがいい。加速感はないがラップタイムはいい。自分のライディングはアグレッシブだと思っていたが、それではこのバイクは使いこなせない。」
ということで、ロッシは自らのライディングをスムーズにしてまで、不等間隔爆発を選んだそうだ。

最後のロッシのコメントは貴重だなー。

他、学生向けに各社の講演者に「どうすればレースにかかわる仕事に就けるか」という質問が。
それぞれ回答は異なったが、これは僕も自分なりの考えがある。
スバルを除いては濃い講演だったな。
2008.05.26 Mon l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
オタクに未来はあるのか!?―「巨大循環経済」の住人たちへオタクに未来はあるのか!?―「巨大循環経済」の住人たちへ
(2008/05)
森永 卓郎岡田 斗司夫

商品詳細を見る


5月23日(金)に、東大本郷キャンパスの書籍部で買ってきた。
あそこで買い物するのはとても久しぶり・・・というのが日記としての趣旨なんだけど。

岡田斗司夫・森永卓郎の会話形式で、とても読みやすい。
2人のスタンス、これまでのオタク世界へのかかわりを元に、オタク界の歴史を交えて今のアキバ、メイド、ツンデレあたりの「オタク」を分析。ではこれから・・・という内容だったが、それを噛み砕いて理解するためにもう一度読もうと思っているところ(笑)。

とりあえず「おもしろい」としておこう。
2008.05.26 Mon l 紹介 l COM(0) TB(0) l top ▲
時差ボケ解消デー。

もてぎFポン(FCJ、F3、シビックレース)+F1モナコGP+第92回インディ500マイルレースと世界一周観戦耐久レースを完走し、7:00に寝た。

ということで、13:00まで死んだように寝ていた。
天気も良くなっていたので、すでに家のベランダは日陰になる時間だったが布団を干して、平日作業の開始。
先日口座を作ったところと、先日カードが発見され通帳を再発行したゆうちょ銀行のネットバンキングを申し込みに。
どっちもサイトから申込書をダウンロードして・・・ってのはいいんだけど、その後郵送だったりするのが面倒。それなら直接窓口へ。

いつの間にか給料日を過ぎていたので金の移動・・・が必要なくらい、ネットバンキング非対応の口座が2つもあったりして。
来月から乗り換えよう。→とするとIDとかの発行にまた10日とか2週間かかるので1か月遅れたりするんだが。


ついでに「まんだらけ」とか寄ってみたり。
ウチに眠っているオモチャの高価買取価格表とかがあったので調べてみる。
ここに売るのは簡単だが、その前にヤフオクを久し振りに使うか、とか。



勇者・エルドランシリーズ強化買取中!

ということで、
超熱血合体キングゴウザウラー \45,000買取
・・・これはセット箱のみかな。ウチにあるのはバラ箱だからダメか。

超重連合体スーパーライナーダグオン \9,000買取
これもライナーダグオン+ダグドリルになっちゃうなー。



さて雷が鳴ったので一度帰ってきた。
布団を取りこんだので、次の行動に移ろう。

・銀行口座の移動
・昨日の番組の編集とDVD-R量産
・Fポン提案書の作成
・金曜のレポート作成
・部屋の掃除

最寄のイエローハットが閉店するという連絡がきた。
まあ、流行ってなさそうだったからなぁ・・・。


こんな時間に録画予約が始まって何かと思ったら、フジテレビ739の「海底少年マリン」だった。シリーズ予約にしてたんだっけ。まだ一度も見てないけど。
2008.05.26 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
F1がプロ野球に勝った日

こんな日記を書いたばかりなのに。


フジテレビ地上波、バレー延長でモナコGP開始が遅れている。
近藤真彦は、自分のチームが走るチームを残してモナコ行ったというのに。


また中嶋フィーバーかしら。
2008.05.25 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
苦節20年!?

フジテレビのCSのチャンネルを見ていたのだが。
プロ野球のヤクルト対楽天の試合を生中継していた。

日本時間の21:00からはF1モナコGPがスタート。
これも生中継が売りだ。

しかし野球はまだ続いている。すぐ終わりそうにない。
通常は、野球が延長される。それを覚悟した。



「野球中継の途中ですが、番組を終了します」


!!!!


勝った! F1が野球に勝った!


かつて小・中学生時代。
F1は録画中継で今よりも遅い夜中の放送だった。

仕方なく、録画予約をしておとなしく寝るしかなかった。

そして起きると。
最初の30分に別の番組が入っていて。
そして最後の30分は映っていない・・・

ゴールは?

誰が勝ったの?


そして野球を憎む小学生が生まれた。
3つ子の魂百まで。


そんな野球中継も、ここ数年落ち目。
いい傾向だと思っていたが、それでも野球延長という文化?に阻まれた。


それが今日、初めてF1が勝つ瞬間を見たよ。
ううう・・
2008.05.25 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
これが未来のインディカーマシン?
web_big2.jpg


アメリカの大学生が作ったコンセプトデザインだって。


P1000021.jpg


1991年/中学生の僕の落書き。
似たようなもん? 違うか。
2008.05.24 Sat l IRL l COM(2) TB(0) l top ▲
リザルト

松田が3戦連続ポール。強い。
好調さを取り戻したPIAAナカジマ。小暮は及ばず2位。
トムスのロッテラーが3位。

Q1でホンダ勢が4台下から並んだが、Q3は4台ずつ。チーム、ドライバーのバランスのようだ。

5位の伊沢に対してチームメイトの井出はQ1落ち。
ARTA・・・


FCJとF3のレースもあって、土曜日も面白いね。
ぜひ現場に行くべし。

2008.05.24 Sat l Fポン l COM(0) TB(0) l top ▲
20080524130707
20080524130704
みか姫だって。
2008.05.24 Sat l Fポン l COM(0) TB(0) l top ▲
今回のモナコ。
ここに住んでいるマックス・モズレーFIA会長。
例の事件以来、久し振りに姿を見せたということで話題に。

前代未聞のド変態ウヨク

きっこのブログではこんな感じ。
その視点はわからなかったな。

「パドックはいつから天使のたまり場になったんだ」
ゲルハルト・ベルガーが公式会見で擁護。

モズレー会長、チーム代表らに直談判

モズレー会長,ホテルに籠もりっきり


注目されてるのね。
2008.05.24 Sat l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
F1速報の現地速報が更新された。

モナコGP PART1
モナコGP PART2


佐藤琢磨が久し振りにインタビューに答えたようで。
フジテレビで放映するまで内容は非公開みたいだけど。

2008.05.24 Sat l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
MotoGP公式ニュース

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダの監督を務める山野一彦は、次戦イタリアGPに、HRCのテストライダーである岡田忠之が、ワイルドカードとして参戦することを認めた。

1993年から250ccクラスへのフル参戦を開始し、1996年から500ccクラスへ挑戦した岡田は、1997年にはランク2位を獲得しただけでなく、日本人としては最高峰クラス最多の4勝を記録。2006年からHRCのテストライダーに就任し、ニッキー・ヘイデンのタイトル獲得に貢献。現在は、ニューマチックバブルエンジンを搭載したRC212Vの開発に取り組んでいる。

山野は、「次のムジェロに、岡田がワイルドカードとして参戦します。過去にGPを走った経験があり、好成績を目指して頑張りますので、ホンダのファンのみなさん、ご期待ください」と語った

*****


MotoGPはこういうことができるからいいよねー。
F1でもHonda3台目で琢磨とかアリなのに。
2008.05.23 Fri l MotoGP l COM(0) TB(0) l top ▲
モナコGP前座レース。
かつてモナコの前座と言えばF3だったが。

少年ジャンプがマクラーレンのノーズにステッカーを貼っていたころ、「GPボーイ」という漫画が連載されていた。(作画を担当した鬼窪氏は、今ではエロマンガ家として大成?)
それも主人公がモナコF3で勝つ話だったなー。

古くは「サーキットの狼」も、1978年のモナコF3で風吹裕矢が優勝。
「ジャンピング・ターン・フラッシュ」の名付け親はジャッキー・スチュワートとか。
そして早瀬左近が死んだレースでもあるわけか。

そんなF3も、国際F3000、GP2に代わってきた。
金曜日は休息日だが、午前中にGP2のレース1が行われた。


そして勝ったのはブルーノ・セナ。
トルコでは犬にぶつかるなど不運が続いたが、ここで優勝。
可夢偉は1コーナーで接触しリタイヤしている。


2008.05.23 Fri l GP2 l COM(0) TB(0) l top ▲
◆フォーミュラチャレンジ・ジャパン参戦中の女性ドライバー神子島みか(22)

 サーキットでも『ギャル』メークで通し、ファッション誌「小悪魔ageha
 (アゲハ)」ではモデルも務め、女子高生のカリスマとしても注目される。
 「気づいたら速く走れるようになり、人に勝つことが楽しくなっていった」
http://mainichi.jp/enta/sports/graph/spodol/023/

*****


あ、そうか。この人も出てるんだっけ。今週のもてぎ。
2008.05.23 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
身体は土・日とツインリンクもてぎへ。
フォーミュラ・ニッポン第3戦を生で観てくる。


土曜はFポン予選から戻って、F1フリー走行。F1予選は下北沢で観戦飲み会やってるメンバーとチャットでもしながら。
夜はF1予選のフジテレビ地上波バージョンを見て、日テレのMotoGPはパス。

日曜は8:10からフリー走行なので、7時には出たい。
レース後はゆっくり時間あるな。

21:00からモナコGP。フジテレビ地上波の中継も2台目のモニターで見つつ、1:00からインディ500。




24日(土)

・フジテレビ721 スカパー!721ch or CS302 or CS306(CSHD)
17:50-19:10 F1第6戦モナコGP 土曜フリー走行(LIVE)
20:50-23:00 F1第6戦モナコGP 予選(LIVE)


25日(日)

・フジテレビ地上波
01:45-02:35 F1第6戦モナコGP 予選(録画)

・日本テレビ地上波
01:55-03:25 MotoGP第5戦フランス(録画)

・J-Sport CS251
13:45-17:00 Fポン第3戦もてぎ 決勝(LIVE)

・テレビ東京地上波
17:30-18:00 激走GT

・フジテレビ721 スカパー!721ch or CS302 or CS306(CSHD)
20:50-24:00 F1第6戦モナコGP 決勝(LIVE)

・フジテレビ地上波
23:15-24:25 F1第6戦モナコGP 決勝(時差)


26日(月)

・GAORA スカパー!309ch or CS254
01:00-06:00 IRL第5戦インディ500マイル(LIVE)



NASCAR、World Super Bike 他、見ることができるレースは結構増えた。
追いつけん・・・。
2008.05.22 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
タイムスケジュール

5月23日(金)
8:30~9:15 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 第6回公式テスト
9:30~10:30 全日本F3選手権 専有走行
10:45~11:45 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第5回公式合同テスト
12:15~12:45 ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 2008
 ~シビックシリーズ~インターシリーズ 専有走行

13:00~13:45 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 第6回公式テスト
14:00~15:00 全日本F3選手権 専有走行
15:15~16:15 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第5回公式合同テスト
16:30~17:00 ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 2008
 ~シビックシリーズ~インターシリーズ 専有走行


5月24日(土)
9:00~9:25 ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 2008
 ~シビックシリーズ~インターシリーズ 公式予選

9:40~9:55 フォーミュラチャレンジ・ジャパン第5戦 公式予選
10:05~10:20 フォーミュラチャレンジ・ジャパン第6戦 公式予選
10:35~11:05 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 土曜フリー走行
11:20~11:50 全日本F3選手権 公式予選
12:00~12:45 ピットウォーク
13:20~ フォーミュラチャレンジ・ジャパン第5戦 決勝(12周)
14:05~14:25 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン ノックアウト予選Q1
14:35~14:45 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン ノックアウト予選Q2
14:55~15:05 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン ノックアウト予選Q3

15:45~ 全日本F3選手権第7戦 決勝(14周)
16:30~17:00 キッズピットウォーク

5月25日(日)
8:10~8:40 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 日曜フリー走行
9:05~ フォーミュラチャレンジ・ジャパン第6戦 決勝(18周)
10:25~ 全日本F3選手権第8戦 決勝(20周)
11:20~11:50 ピットウォーク
12:20~ ホンダエキサイティングカップ ワンメイクレース2008
 ~シビックシリーズ~インターシリーズ第2戦 決勝(14周)

13:15~13:35 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン選手紹介&オーバルコースパレード
14:30~ 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦 決勝(52周)

※スケジュールは変更する場合がございます。

イベント情報

「とちぎ和牛カップ」マスターズ・オブ・フォーミュラ
 決勝日のピットウォーク中には、ツインリンクもてぎ西コースでエキシビジョンレース“マスターズ・オブ・フォーミュラ”を行なうぞ。往年の名ドライバーやチーム監督たちによる白熱したバトルは必見です。今回の出場者は、舘信秀(PETRONAS TOM'S)、畑川治(F3協会会長/FCJアドバイザー)、中嶋悟(PIAA NAKAJIMA)、森本晃生(Team LeMans)、竹内浩典(CERUMO/INGING)の5名。「とちぎ和牛」が賞典に設定されて、ドライバーたちもいつものレースより気合が入ってるかも!?


プレビュー
 なお、第3戦の決勝レースは第2戦鈴鹿同様250kmの距離で行なわれる。計算上は満タンにすればノーピットで走りきれる距離だが、鈴鹿ではノーピット作戦と1ピット作戦のチームが半々に別れた。ツインリンクもてぎでは燃費の悪化やタイヤ消耗を考えた場合、1ピット作戦が鈴鹿よりも有利になる可能性が高い。昨年、ツインリンクもてぎで開催されたシリーズ第5戦も作戦はふたつに分かれたが、今年はいったいどうなるのだろうか。

 なお、決勝レースのスタート前には、昨年好評だった出走車両のオーバルコースでのパレードランが行なわれる。全車20台のマシンが隊列を組んでオーバルコースを走る様はまさに壮観。また、エンジン音がサーキットにこだまし、場内は荘厳な雰囲気に包まれる。決勝スタートへ向け、いつも以上に高まる緊迫感をぜひとも楽しんでほしい。



*****

盛りだくさん。

250kmレース。燃料がギリギリもちそうなところを覚えておきたい。
ここのオーバルは、燃費レースになることが多いけど。

シビックレースも初めて見るので楽しみだ。
2008.05.21 Wed l Fポン l COM(0) TB(0) l top ▲
ワンセグ実験放送でサーキット観戦をもっと楽しもう

順位やラップタイムも閲覧可能に。さらにレース状況が把握しやすくなりました
[2008/05/16]


 株式会社日本レースプロモーション(JRP)は、2008年フォーミュラ・ニッポン開幕戦富士、第2戦鈴鹿においてワンセグ実験放送を実施し、 多方面からご好評をいただきました。5月24日(土)・25日(日)に開催される次戦もてぎラウンドをはじめ、今後も各大会でワンセグの実験放送を実施する予定です。

 このワンセグ実験放送は、サーキット場内で来場者向けにレース実況映像と音声を提供するもので、 映像はサーキット場内の大型カラービジョンにて放映しているものを利用し、音声については場内実況放送を利用いたします。 さらに今回から順位やラップタイム表示もご覧いただくことができるようになりました。併せてお楽しみください。

 なお、チューニング方法につきましては各携帯キャリアごとに異なりますので、下記のチャンネル設定方法をご参照ください。 大会当日は、JRPテントをグランプリスクエアに設置し、チューニング方法についてのご案内をいたします。 操作方法がご不明の方はJRPテントまでお越しください。JRPテントではワンセグ実験放送についてのアンケートも実施いたします。 ご協力いただいた方には、もれなく素敵なプレゼントを差し上げます。

 この実験放送はワンセグ対応携帯端末などでご視聴いただけますので、ご来場の際にはぜひご準備下さい。 ワンセグ実験放送は、あなたの快適なご観戦をお約束します。

※このワンセグ放送は一般向け放送ではなく実験放送です。


■ワンセグ実験放送視聴エリア(第3戦もてぎ)

・ A、B、C、D、E席、90°コーナー席
・ イベント広場
・ パドック
※ 一部電波の状況によりエリア内においても視聴できない場合もあります。
※ また、当日の諸条件により、上記以外のエリアでも視聴できる可能性があります。


*****



ということなので、準備していこう。
ドコモのワンセグ機が2台あるから、電池も大丈夫だな。




2008.05.21 Wed l Fポン l COM(0) TB(0) l top ▲
本田技研工業,バトンから「HondaJet」を受注

現在,本田技研工業は新規事業として小型航空機産業にチャレンジしているが,予約を開始したばかりの「HondaJet」のヨーロッパでの第一号受注を達成した。この一号機を予約したのはJ・バトンで,2012年の引き渡しを予定している。F1ドライバーは飛行機移動も多いため,数年後にはHondaJetで世界を飛ぶことになりそうだ。


プレスリリース

*****



ついでに、先日から放映されているホンダ・シビックハイブリッドのCF。
バトンが浅尾美和と共演して話題となっているが、そのメイキング動画が見られる。

2008.05.21 Wed l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
◆トヨタの下請け会社、「昔はメーカーとの関係はまさに『親子』だったが…」
 「今は、儲けもほとんど吸い上げられて。親子だなんて、とても、とても」

記事リンク

*****

こういう記事ばかり目につくのはなぜだろう・・・
2008.05.20 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
おぐたんトークショー
↑の続き。


えー、記憶を呼び起こすと、とても書き切れる量じゃないんだけど。
個人の記憶でメモしてみる。


・クーパーT51
 1950年代のF1初期は、エンジンを作れる自動車メーカーの争いだった。
 イギリスはロールスロイスなど、大型エンジンのメーカーしかなかった。
 だから小さいコンストラクターからF1参加車が生まれた。
 自動車メーカーであるフェラーリのエンツォ・フェラーリは、イギリス勢のことを
 「自動車修理工場の奴ら」と言ってバカにしていた。

 クーパーはバイクのエンジンを積んだF3を作っていた流れでF1も作った。
 フロントエンジン・リアドライブの車は車体中央にドライブシャフトが通っていた。
 ミッドシップはこれがなくなって、ドライバーの座る位置が下がったことや、
 車体中央に重量が寄ることで、思ったより性能が良かった。
 その後、ミッドシップが当たり前になっていった。


・ブラバムBT20 レプコ
 カラーリングの話。
 レプコエンジンは、消防ポンプ用エンジンをレプコ社がチューニングしたもの。
 1966年にロータスはすでにモノコック構造を実用化していたが、この車は
 スペースフレーム。
 デザイナーのロン・トーナラックは「理解した構造しか使わない」派。
 スペースフレームはグレーに塗る。それは、クラックが見つけやすいから。
 最近もSAE学生フォーミュラでパイプフレームを使うが、学生は黒く塗ってしまう。
 クラックを見つけて、すぐに直せるようにしておく方が良い。
 (「学生フォーミュラやってる人はいますか?」と問いかけがあったが、皆無(笑))


・ロータス77 コスワース
 1976年のロータスは、フロントサスペンションの調整範囲を広げるように
 取り付け部にいっぱい穴がある状態でスタートした。
 途中で間違いに気づき、軌道修正。タイヤのグリップがなかなか上がらないので、
 インボードブレーキからアウトボードブレーキに変更してタイヤ部を重くしたり、
 フロントにオイルクーラーを持ってきたり。後付けなので、車体の横に配管が
 通っている。とにかく早く直すことが重要だった。
 最終的には改善されて、最終戦の富士では優勝した。
 このマシンは、1976年の初めての日本でのF1レースに優勝したそのもの。


・マクラーレンMP4/4 ホンダ
 スティーブ・ニコルズの下にゴードン・マーレイがついた。
 マーレイは前のブラバム時代の1986年にBT55"ヒラメ"を作っていた。
 とにかく低く作りたかった。
 ホンダも協力して、ドライバーの前方投影面積にエンジンが隠れるサイズにした。
 この相乗効果で、無敵を誇った。

 ホンダは、この完成形のターボエンジンで、エンジンの常識を書き換えてしまった。
 ターボという技術が、燃費に使えるという考え方。
 今、軽自動車にターボ車があるのはなぜか。それはこのマクラーレンホンダにルーツが。


・ウィリアムズFW14B ルノー
 アクティブサスについての裏話。
 マンセルと担当エンジニアは、ストレートで後ろ下がりにすることでウイングを相対的に
 寝かせ、ストレートスピードを稼げるセッティングを早くから見つけていた。
 チームメートのパトレーゼとその担当が、「後ろを下げたら速いんじゃないか」と
 ミーティングで言い出したとき、マンセル担当は「そんなの走れないから止めた方がいい」
 と最後まで隠した。今でも彼は「詐欺師」と言われている。なんて話。


・BAR006 ホンダ
 大人の事情により、カラーリングは2008年仕様(笑)。
 ホンダという会社は若い奴らを集めて「さあ、やれ」と放り出すところ。
 でも、なかなか結果が出ないので第2期のメンバーを指導者に置いた。
 それが木内さん。きうっちゃんは、「勝ち方を見て来い」と言ってステップを踏ませた。
 その結果が、ランキング2位。


・フェラーリF2005(656)
 ミハエル、ジャン・トッド、ロス・ブロウンは、イタリア語のインタビューでは
 「ブリヂストンタイヤが悪い」と常に言っていた。日本語、英語では触れず。
 でも、本当はマシンとタイヤと相乗効果で速くしなければならない。
 ブリヂストンを責めるのは筋違いだった。
 タイヤは重要。自分の車のタイヤだって、安物を選んではいけない。
 おぐたんも、去年の車検時にブリヂストンタイヤに交換したとか。

 勝ったのはイワクつきのアメリカGPのみ。ミシュランが自主撤退したレース。
 「走ったのはフェラーリ勢の6台のみで・・・」
 (誰も突っ込まなかったけど、「ブリヂストン勢6台」ってことだよね。
  でも、2007年にはこの3チームがフェラーリエンジンになっているという事実。
  おぐたん恐るべし?)


・ルノーR25
 チャンピオンマシン。
 ホンダがRA099で独自参戦を狙ってきたときのメンバーが集まって作ったマシン
 とも言える。ティム・デンシャムほか。
 ただし、広角エンジンのコンセプトはやりすぎだった?
 でも、この年のエンジンは72度V10。広角エンジンの振動で苦しんだ経験で、
 この年のエンジンは楽勝だった。


・まとめ
 「デザイン」とは、「機能を満たした形」の意味。日本人は形のかっこよさだけを見て
 「デザインがいい・悪い」と言うが、間違っている。それは「スタイリング」。
 「デザインはいいけど、性能が悪い」というのは言葉が間違っている。


こんなもんかなー。
記憶違いとかもあるので、行った人はコメントください。
2008.05.19 Mon l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
F1 : ベッテル、モナコで5グリッド降格

セバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)が新車と新たに下されたペナルティーを抱えてモナコGPに向かうことになるだろう。

新車STR3はこれまでの5戦で乗車していたSTR2B(2007年バージョンの進化型)とは別のギアボックスが必要とのこと。

今年のルールでは、ギアボックスを4戦使用しなければならない。すなわちベッテルはトルコで使用したギアボックスとは別のギアをモナコで使用することになる。そのため5グリッド降格のペナルティーを受けなければならない。

同様のペナルティーはチームメートのセバスチャン・ブルデーには適用されない。なぜならばブルデーはトルコGPを完走しなかったからだ。

「モンテカルロでは、こういうペナルティーを1番避けた場所だね」とチームの共同オーナーであるゲルハルト・ベルガーがドイツの雑誌『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に嘆き節を語った。

*****


新車投入がこんなことで影響を受けるなんて・・・。
2008.05.18 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
FN 前橋でフォーミュラ・ニッポン

結局行ってきてしまった。


01もてぎエンジェル


もてぎエンジェルが登場。


03コックピット体験

02小学生以下対象・コックピット体験の列



小学生以下対象の、Fポンコックピット体験。
マシンは"LOLA B351"・・・・2005年仕様だね。

エンジンがけ実演があったのだが、トヨタの平手を座らせて、無限MF-308のエンジンをかける。
ま、素人相手には十分か。
群馬県のみなさん、「いい音だ」という声がちらほら。
・・・カートは有名だけど、大きなサーキットがない地域はかわいそうだ。

04コックピット体験




去年までGP2に参戦していた平手晃平くん(22)が登場。
今年は日本に戻り、インパルの3台目に乗っている。
先日の鈴鹿では2戦目にして2位。

06平手トークショー


08じゃんけん大会

じゃんけん大会も。

09平手サイン会の列

サイン会の列。サーキットではこんなもんじゃ済まないが、さすが群馬。

11連れがもらったサイン

個人的にトヨタNGなんで、連れがもらってきたサイン。
2008.05.18 Sun l Fポン l COM(0) TB(0) l top ▲
http://kyoju27.blog21.fc2.com/blog-entry-95.html
これで見てきたもの。

ルノーの2005年型F1の開発スケジュールが壁に貼ってあった。


○エンジン開発

2003年

7月
  コンセプト立案
9月
 15日 エンジンデザイン開始
10月
 2日 エンジン仕様FIX
10月
 31日 シリンダーヘッド製作開始
11月
 7日 シリンダーブロック製作開始

2004年

3月
  ポンプ、ギヤ、ピストン製作開始
4月
 14日 補器類製作開始
6月
 11日 部品受領
 18日 エンジン組立開始
 28日 エンジン1号機完成
7月
 16日 エンジンベンチテスト
8月
 12日 初回耐久テスト
10月
 29日 AIRBOX FIX
11月
 下旬 車体用エンジン製作
     Rd.1用仕様FIX
12月
 中旬 実走用エンジン組立
     Rd.1用耐久終了

2005年

2月
 20日 Rd.1用エンジン発送


シーズン中のエンジン進化

スペックA
Rd.01~ 予選18,750rpm/決勝18,500rpm

スペックB(軽量化)
Rd.04~

スペックC
Rd.10~ 決勝18,750rpm

スペックD(クランクケース変更)
Rd.17~ 予選19,000rpm

スペックE
Rd.18~ 予選19,200rpm/決勝19,000rpm



ま、これがどういう意味を持つかは・・・・


その他
・ルノーのエキパイは2週間で3セット製作する。
・動弁系の耐荷重は100トン/1平方メートル
2008.05.18 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
IRL:Rd.5インディ 予選3回目、暫定グリッド決まる

予選2回目が雨で流れたので、この土曜日に12~33番グリッドが埋まった。
3回目のトップ、タウンゼント・ベルのスピードは222.539mph。これはポールDAYの最下位スピードより低いもの。

明日のバンプDAYでは、33位から順に"On the Bubble"となる。
最初の"On the Bubble"はマーティ・ロス。215.506mphだ。

ロジャー安川は218.010mphで暫定31位。
2008.05.18 Sun l IRL l COM(0) TB(0) l top ▲
MotoGPクラス
1 ロッシ(ヤマハB)
2 ロレンゾ(ヤマハM)
3 エドワーズ(ヤマハM)
4 ペドロサ(ホンダM)
5 バーミューレン(スズキB)
6 ドヴィツィオーゾ(ホンダB)
7 カピロッシ(スズキB)
8 ヘイデン(ホンダM)
9 ドゥ・プニエ(ホンダM)
10 中野(ホンダB)
11 エリアス(ドゥカティB)
12 デ・アンジェリス(ホンダB)
13 ギュントーリ(ドゥカティB)
14 ウェスト(カワサキB)
15 メランドリ(ドゥカティB)

ドライレースでスタート。途中、雨がパラつき、ホワイトフラッグでマシン乗り換えOKに。
不調のドゥカティ勢、メランドリが乗り換え。15位完走。
また、チームメイトのストーナーはマシントラブルでエンジンストップ。ピットまでたどり着いてスペアマシンに乗り換えたが結果16位でノーポイント。

ロッシが貫録の2連勝。
歴代2位の90勝目。これまで90勝の記録を持っていたアンヘル・ニエトがライダースーツを着てウイニングラップに参加。今、ロッシが勝ったばかりのマシンに2ケツでパレードした。

ヤマハが2001年ドイツGP500cc以来の表彰台独占。
当時のラインナップはビアッジ、チェカ、中野。

ペドロサは4位で連続表彰台は6でストップ。


250ccクラス
1 デボン(アプリリア)
2 シモンチェリ(ジレラ)
3 パシーニ(アプリリア)
4 高橋(ホンダ)
5 カリオ(KTM)
6 ポジャーリ(アプリリア)
7 青山(KTM)
8 シモン(アプリリア)
9 エスパルガロ(アプリリア)
10 ファウベル(アプリリア)
11 ルティ(アプリリア)
12 バルベラ(アプリリア)
13 ロカテリ(ジレラ)
14 バウティスタ(アプリリア)
15 ウィライロー(ホンダ)


デボンは112戦目での嬉しい初優勝。32歳。
高橋は2位をキープしていたが、後半に後続に飲み込まれた。



125cc
まだ見てないのでパス(笑)。




ランキング。

MotoGPクラス
1 97 ロッシ(ヤマハB)
2 94 ペドロサ(ホンダM)
2 94 ロレンゾ(ヤマハM)
10 28 中野(ホンダB)

250ccクラス
1 93 カリオ(KTM)
2 77 パシーニ(アプリリア)
3 59 デボン(アプリリア)
4 59 高橋(ホンダ)
6 53 青山(KTM)

125ccクラス
1 74 ディ・ミッリオ(デルビ)
2 66 テロル(アプリリア)
3 62 コルシ(アプリリア)
23 6 小山(KTM)
27 1 中上(アプリリア)
2008.05.18 Sun l MotoGP l COM(0) TB(0) l top ▲
現在のポイントリーダー、ホンダのペドロサがポールポジションだとか。
ちょっと時間がなくなったので後で調べよう。
2008.05.17 Sat l MotoGP l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。