上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペンスキーのインディカー&トランスポーターが焼失

という記事を書いたが。

燃えたトランスポーターが向かっていたレースが行われた。

IRL:Rd.15インフィニオン レース結果




その燃えちゃったチームペンスキーが1-2フィニッシュってどういうことよ(笑)。

エリオ・カストロネベスが今季初優勝。チームメイトのライアン・ブリスコーが2位に。
オーバル用にセットしてあったマシンを急きょ呼び寄せて、ロードコース用に作り直しての結果。

普通ならパーツも足りないだろうが、そこはやはりペンスキーだったのか。

ディクソン独走でつまらなかったが、これでエリオが追い付いてきた。
スポンサーサイト
2008.08.25 Mon l IRL l COM(0) TB(0) l top ▲
ピッツォニアの元妻(マウレン・イーガ・マギ)、北京五輪金メダリストに

マウレン・イーガ・マギが、北京オリンピックの女子走り幅跳びで金メダルを獲得した。彼女は、ブラジル人女性として初めてオリンピック金メダルを獲得した陸上選手である。マギは逆境からカムバックする能力のため、「不死鳥」というニックネームがある。彼女のキャリアは波乱に富んでいる。2000年シドニーオリンピックでは成績不振、その後薬物検査に不合格になり、2004年のアテネオリンピックは出場を逃し、F1ドライバーのアントニオ・ピッツォニアと結婚して女児をもうけた(その後離婚)。そして2006年に競技に復帰し、昨年7月リオデジャネイロで開催さえたパンアメリカン競技大会で金メダルを獲得した。
0b0b18d1.jpg

6131eac0.jpg


また、セバスチャン・ボーデの妻クレアも南フロリダ大学時代は陸上の中距離選手だった。

****


「3へぇ」くらい。


アントニオ・ピッツォニア
1980年9月11日生まれ
ブラジルアマゾン出身
F1デビュー:2003年オーストラリアGP(ジャガー)
最終レース:2005年中国GP(ウィリアムズBMW)
出走回数:20回
最高位:6位
獲得総ポイント:8点
2008.08.23 Sat l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
ペンスキーのトランスポーター、走行中の火災のため焼失

8月20日、今週末インフィニオンで行われるIRL第15戦へ向かっていたチーム・ペンスキーのトランスポーターが走行中に火災を起こし、積んでいたマシンやパーツ類がほとんど焼失した。

この日の午前、ペンスキーの本拠地マーチンズビルからカリフォルニア、ソノマへの途中、ソルトレークシティの手前でトランスポーターのホイールベアリングからと思われる部分から火災が発生した。2人のトランスポーターのドライバーは必死に消火作業を行ったが、トラクターからトレーラーを切り離すことが出来ず積載していたマシンやパーツ、チームウェアにいたるまでほとんどが焼失してしまったという。現場は携帯電話も繋がらない場所で、消防車が来たときにはほとんどものは燃えてしまった後だったという。ドライバー2人は無事で、先行していたチーム員がワイオミングから引き返してドライバー達を連れて帰った。

チームは9月7日のシカゴランドでのIRL公式最終戦に向けて準備していたマシンを急遽インフィニオンに向かわせることとなった。ペンスキー・パフォーマンス代表のティム・シンドリックは、この週末、チームはマシンを組み立て直すことから始めるが、8月21日にはトラックに到着してレースには支障はないと語っている。ただし、ピット設備なども焼失してしまったため、手持ちの機材を活用してレースマシンのサポートに影響が出ないことに全力を尽くすとしている。『われわれは現在移動している最中である』

2006年にはペディング(Pa.)のペンスキー・インディカー本部は水害のため大きな被害を受け、2007年にノースカロライナのペンスキー・パフォーマンスへ合流しチームを強化していた。

*****


トランスポーターだけでなく、ピット設備とマシンが焼失・・・しかもレースに向かう途中で!
普通のチームなら撤退だけど、チップガナッシと並ぶ有力チームであるペンスキー。別チームを回してレースに参戦。

タイトルはチップガナッシのスコット・ディクソンになりつつあるけど、ペンスキーの2人も諦めてないからなぁ。

さてこのハンデがあらわれてしまうのか?
2008.08.21 Thu l IRL l COM(0) TB(0) l top ▲

NASCAR:ネーションワイド、ジョー・ギブスのマシンに不正が発覚

8月18日、NASCAR当局は8月17日に行われたNASCARネーションワイド第25戦ミシガン『Carfax 250』のレース後の車検で、ジョー・ギブス・レーシング(JGR)のNo.3トニー・スチュワートとNo.7ジョーイ・ロガノのマシンに不正があったことを明らかにした。

レースはフォードのカール・エドワーズが優勝したが、JGRの2台はレース後のNASCARのダイナモによるエンジン出力検査の際に、アクセルペダルの裏に約1/4インチほどの磁石シムがつけられていることが発覚した。このシムによりアクセルペダルが全開とならないようになっており、ダイナモでのエンジン出力が実際より低く出るようにされていた。
NASCARは取り付けられたシムを取り外してもベンチテストを行ったが、その結果は明らかにしていない。

ネーションワイドシリーズでは、先月末に大きなボアを持つトヨタのエンジンに対して吸気制限を行う規則改訂を行っており、ミシガンではその効果を調査するためにいくつかのマシンにダイナモテストを行っていた。JGRは今年これまでのネーションワイド25戦中14勝と圧倒的な成績を残しており、規則改訂後の不正の発覚は今後のシリーズに大きな波紋を呼ぶものと見られている。

今回の件についてチームオーナーのジョー・ギブスは、全ての責任をとってどんな罰をも受け入れるとして謝罪し、今後内部調査も含めた原因究明にあたるとしている。
NASCAR当局は19日火曜日にJGRに対するペナルティを発表するとしているが、それはかなり重いものになると予想されている。


*****

かつてWRCのリストリクター事件やCARTのポップオフバルブ事件、フェラーリF1からの技術スパイ事件など数々の不正を行ってきたトヨタであるが、アメリカの人気シリーズ「NASCAR」でも小ざかしいことをやっていたようだ。

上の記事を要約すると、つまり抜き打ちでエンジンを調べると、他のGMやフォードのエンジンと同じ程度の出力が出るようになっているが、実際に走るとそれ以上にパワーが出るようになっていたということで。

汚いなぁ。


【WRCリストリクター事件】
1995年の世界ラリー選手権。カローラで出場していたトヨタだが、空気取り入れ口が可変式になっており、レース中に車検時よりも吸気口が広がってパワーが出るように細工していた。
この違反により、トヨタは1年間の出場停止を受けた。


【CARTポップオフバルブ~トラクションコントロール事件】
2001年のアメリカCARTシリーズで、トヨタは「コスワースとホンダのエンジンがトヨタよりパワーがあるのは違反をしているからだ」とイチャモンをつけ、主催者と癒着(買収?)し、シーズン途中にトヨタが開発した部品を強制的にコスワースとホンダのエンジンに取り付けさせた。
(ただし勢力図は変わらず、ホンダユーザーがチャンピオン)
これだけで追いつけないと気付いたトヨタは、禁止されているトラクションコントロールを熟成させ、翌年から突然ルールを変更しトラクションコントロールを解禁させた。
(2002年は他社の出遅れの間に連勝し、追いつかれたところで撤退発表。→勝ち逃げ。)

CART主催者はトヨタにいいようにあしらわれた形に。


【フェラーリF1スパイ事件】
トヨタF1のファクトリーから、2003年型フェラーリF1の設計図が発見された。
元々フェラーリF1で働いていたスタッフが機密を持ち出してトヨタF1に引き抜かれた形。
そのスタッフは解雇されたが、その後うやむやに。


まあ、「盗用多」なんて当て字もされてるくらいで。
「カイゼン」が聞いてあきれる。「カイザン」じゃないのか。
2008.08.18 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
359690bc.jpg


11日午前3時45分ごろ、松江市東朝日町の国道485号で、同市内のアルバイト店員の少女(19)の乗用車が中央分離帯の街路灯に衝突。乗っていた5人が病院に運ばれ、後部座席の3人が死亡した。

松江署によると、死亡したのは岡山県高梁市奥万田町の
専門学校生、門脇美波さん (19)と松江市鹿島町上講武のアルバイト、桑谷直樹さん
(23)、同市西川津町の会社員、池田拓也さん(22)。少女と助手席の同市魚瀬町の
会社員、山野健太さん(23)は軽傷を負った。

少女は仮免許中だったが、「仮免許練習中」の表示を付けていなかった。車は後部
座席付近で真っ二つになっており、松江署はかなりのスピードで衝突したとみて
自動車運転過失致死傷容疑で調べている。
現場はJR松江駅に近い橋の上で、片側2車線の直線。5人は松江市内の同じ高校の
卒業生で、門脇さんは帰省中だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080811-00000059-san-soci

*****

元の車は三菱自動車のエアトレック。

8dd3b20c.jpg
(拡大可能)

この後部座席に3人乗ってたのか・・・。

車の所有者は助かった助手席の人間だそうだ。
そして仮免の運転手も助かっている。
この後の人生どうなるのか。

2008.08.11 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
そんなに太ってないように見えて、定期健診で「尿酸値が高い」と言われて3年。
8月1日に再検査の採血をして、今日結果を聞いてきた。

「6.4mg/dl」

「正常値!」

基準値が 4.0~7.0mg/dl で、7を超えたら警戒で、8.5を超えたら要治療らしい。
実は一時期8.9とかまで行ったことがあって。
痛風家系なので、体質的なものもあるのかな。

ずっと同じ医者だったが、7.6くらいから半年で一気に下がったので、

「何かしましたか?!」

とびっくりされてしまった。

「いえ、レコーディングダイエットを少々・・・」

「3kgも痩せるなんて、大変な努力をされたんですね!」

「いや、特に努力は・・・」


ま、メモして体重が減るのを確認してただけなんだが。
直接数値で出てくるのね。

人体の不思議。


紹介 レコーディングダイエット成果
↑過去の日記




いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
(2007/08/16)
岡田斗司夫

商品詳細を見る


このメモ帳でやせる 「いつまでもデブと思うなよ」実践ガイド 2008年 04月号 [雑誌]このメモ帳でやせる 「いつまでもデブと思うなよ」実践ガイド 2008年 04月号 [雑誌]
(2008/03/18)
不明

商品詳細を見る

2008.08.08 Fri l 紹介 l COM(0) TB(0) l top ▲
◆阪神高速松原線「魔の連続L字カーブ」、対策工事で次のカーブでの事故倍増

 スピードの出し過ぎによる事故が多発していた阪神高速松原線・三宅IC付近
 の急な右カーブ(通称・三宅カーブ)で昨年6月、スリップを防ぐ路面工事を
 行ったところ、事故は半分以下に減ったが、それより緩やかな次の左カーブ
 (平野カーブ)での事故が2倍以上に増えたことが判明。先月末、平野カーブ
 でも同様の路面改良工事を実施した。

 「急カーブの次のカーブがやや緩ければ、前より速度を出してしまうのが
 ドライバーの心理。舗装対策も重要だが、カーブに入る直前に警告板を
 付けたり、路面に段差を設けたりして、ドライバーにスピードを落とさせ
 る工夫も大切ではないか」と片山右京氏がコメント。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080804-OYO1T00466.htm

*****

高速道路での事故は、スピード出しすぎてるだけ。
右京コメントもなんか違うよなぁ。
2008.08.05 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今週のフライデーに、鈴木亜久里「15億借金騒動の真相」という文字が躍っている。
4ページの記事。

ま、書かれているのは例のサイトのまとめみたいだが、雑誌だけあって読みやすい。



ところで先日同じくフライデーで騒がれた元?F1ドライバー山本左近。
GP2のトップチームのシートを誕生日に買ってもらったそうで(笑)。
今回、第1レースで10位、第2レースは4位になったとか。


フジテレビ地上波では触れられるんだろうか。
2008.08.03 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。