上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
史上最大の珍レースが開催されたわけであるが、すでにシーズン自体が珍シーズンなのではないかと思う今日この頃。

ポールポジションまで獲得したチームが半分終わって1点も取ってないとか(笑)、主催者はレギュレーションを曲げないと言いながら突然予選方式変えたりするくせに要望は聞き入れなかったり(まあ、シケイン設置は要望としてどうかと思うが)、レギュレーションもわざとはっきり書かないでおいて、特定のチームだけワナにかけたり。

ところで今回初めてのポールポジションを獲得しながらトーチュウの1面を飾れなかったトヨタだが、穿った見方をすれば彼らはタイヤトラブルに対して成すすべが無かったために、予選は空タンアタックしたんだろうな、と。
だってフリー4より0.8秒も速いのよ? まさか金曜のクラッシュが自作自演だとは言わないが、ミシュラン推奨よりエア圧下げていたのは認めてるみたいだし、序盤は空力パーツをゴチャゴチャつけてストレート犠牲にしてたのが、ここに来てストレートスピードでトップってのは、ダウンフォースつける方向のパーツを持ってきてなかったんじゃないかと。

きっとミシュランが安全宣言出しても、彼らはポール獲得のリザルトだけ残して棄権してたんじゃないかなー。

今回、ポルトガル人とインド人がF1初得点を記録。そういえばポルトガルGPやってたくせにポルトガル人って全然いなかったのね。ペドロ・ラミーを思い出すが、彼は無得点だったっけ。

ミナルディのダブル入賞は・・・1989年イギリスGP以来??
あのレースも次戦から予備予選組の入れ替えで、3点取らなかったら予備予選落ちという状況で、奇跡の5位6位だった。
(ピエル-ルイジ・マルティニとルイス・ペレス-サラ。サラはこれが唯一の入賞。)
2002年のオーストラリアで5位ウェバー7位ユーンの惜しい記録があるが(トヨタが間に入って邪魔した)、1999年ヨーロッパGPでももう少しでバドエルとジェネでダブル入賞だったのが消えている。

まあ、去年もハンガリー人とミナルディが初入賞してるし、琢磨のアレも奇跡と思えば、何か起こる場所なんだろうな。アメリカ。
スポンサーサイト
2005.06.27 Mon l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。