FC2ブログ
祝勝会でニック・ワースと話す。今やシムテックの人と言ってもわかる人少ないんだろうな。他のメンバーも彼がどんな人だかわかっていない。
1994年に27歳で自らデザインしたF1でチームオーナーとして参戦。しかし3戦目にローランド・ラッツェンバーガーがサンマリノGP予選で事故死。8年ぶりのF1死者を出してしまう。(翌日にセナが事故死) 5戦目のスペインGPでは空いたシートに座ったアンドレア・モンテルミニがクラッシュし骨折。セナの事故の後でベンドリンガーがモナコで意識不明の重体になったりした時期なので、叩かれていた。
その後は常に資金難で、井上隆智穂が大金を積んでこのチームから日本GPにデビュー。翌年は野田英樹とフル参戦契約を結ぶが、資金がなく開幕5戦を金を持ってきたドメニコ・スキアッタレラにシートを与える。結局、5戦まででチームが倒産。ニック・ワースはベネトンに拾われる。
タキ井上によると「契約の話をしていたが、こちらの振込み日の翌日が去年のエンジン代金の引き落とし日だったので見切りをつけた」というほどの資金難。
・・・とか書くと、金を動かすのが下手なチームオーナーということになるのだが、元々エンジニアで27歳でチーフデザイナー兼チームオーナーとしてF1に参戦している点が尊敬できる。技術だけで突っ走った人なんだろうなぁと。
この人、HPDにいたのね。全然知らなかったけど。

ハータ担当の通称"Gater"が"My engine blew up!"と叫んでネタにしていた。
アメリカ人は"awful"を「すごい」って意味で使うのね。辞書だと「怖い」「恐ろしい」「ひどい」って訳すけど、「荘厳な」みたいなところから"great","exciting"みたいな使い方らしい。B・A・R Honda の最近の成績を"awful"と表現していた。

CosworthでMinardiの担当をした後、HPDに転職してきた人は何ていう名前だったかな。

結局、3時まで騒いだ。
スポンサーサイト



2004.04.21 Wed l l top ▲