FC2ブログ
F1予選。待った待った。
午前中のB・A・Rが2台とも沈んだので気になったが、決勝セッティングをしていたに違いないと思い聞かせる。現地の情報は伝わってこないからなぁ。
11:50にやっと放送開始。昨日のすぽるとも短かったので、やっと映像が見られた感じ。

http://sports.yahoo.co.jp/f1/2004/australia/0306/result05.html
この辺りを見れば区間タイムなんかは分かるのだが、更新されるのを待つのがイヤでLIVE映像を見ながらExcel入力。こういうことをやるから予選タイムを覚えちゃうんだよな。
コース距離が5.303kmでポールタイムが1'24.408で、なんてのが、多分マレーシアの予選が始まるまで覚えてると思う。
しかし1'24秒台が4人、1'25秒台が4人、1'26秒台が2人と、去年より差が広がっている。

それまでが危なっかしかったが、琢磨もバトンもきっちりとベストを刻んできた。久々に見ごたえのある予選の走りだった。

終わってすぐに高崎へ移動。
借りてきたDVDを見る。「パトレイバー2」と「CHICAGO」。
「帰りはフィットだから見られないや」と、PS2を積んでいくことも考えたが面倒なので却下。
ここしばらくはビデオデッキも積んでなかったな。余ってはいるのだが。

高校の吹奏楽部員同期組の久々の会合。
弔電は打ったが日付を間違えてキャンセルしたとか、うちらの年だけ誰も通夜に出てないとか、そういう失敗談を聞く。
医学部へ進んだヤツらも医師免許を取って稼ぎ始めていた。稼ぎで見れば、医者という選択もアリだったかと今になると思うなぁ。当時は全くそこまで考えなかったが。自分が会社に入った頃は「医学部のヤツらはまだ2年も大学にいるのか、大変だな」とか思ったもんだが。
S水修一は医学部を出た後、眼科のアルバイトをしながら今度は法律方面の大学へ入ったとか。
そういえば大学の寮にも名古屋の医学部を出た後、文一に入ってきた同級生がいたなぁ。当時28歳・・・ああ、俺も今年28か。なるほど、週3日のバイトで普通以上の収入があるならそれもアリか。
そういうところから逆算して人生決めるってのも面白かったのかも。

トランペットを吹いていた水沼が、東スポでプロレス記事を担当しているらしい。
2号くんあたり知ってる名前なんだろうか。水沼カズオ(漢字忘れた)。
就職して「経理」やってる人間が集まった13人の中に3人もいて、専門分野で話を始めてしまった。
スポンサーサイト



2004.03.07 Sun l l top ▲