上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
序盤は次々にチャンプカー組がトラブル。
立て続けにイエローが5回。

ブリスコーは最初のピットで間違えてウェルドンの場所に停まる。
これでグリーン中のドライブスルーペナルティを食らったりしたのだが。
そこは初優勝してノってる彼とクルー。イエローが続く中でリードラップを取り戻した。


予選4位からスタートの武藤。なかなか調子のいいレースで、イエローが続いても上位をキープした。
途中、マシンバランスが狂ったのか遅れるシーンもあったが、終盤まで常にトップ10につけていた。

残り56周で謎のイエロー。
デブリ(=コース上のごみ)が出たというが、どうみてもレースコントロール。
ま、面白くするならそれも醍醐味。

しかし、コントロール外の出来事も起こる。
残り15周、エンリケ・ベルノルディがクラッシュでまたイエロー。

10周のスプリントレースが演出された。
各車燃費が厳しい中のレース。

そして残り5周でマルコのインに入ったハンターレイがルーズを出して接触。
そのままイエローコーションとなった。

結果
1位 ディクソン
2位 カストロネベス
3位 ブリスコー
4位 ウェルドン
5位 カナーン
6位 武藤
7位 メイラ
8位 ライス
9位 カーペンター
10位 パトリック

武藤はインタビューで「2位が狙えた」と悔しがっていた。
調子は本当によかったようだ。
ポイントランキングは10位から7位にアップ。
ルーキーではトップ。


次回は29日(日)に、日本時間朝9:00から生中継。リッチモンド。
6月中はGAORAの契約あるからまた見るかな。
スポンサーサイト
2008.06.08 Sun l IRL l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/142-39c3d874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。