上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
路面張り替えがどうなるか? のカナダGP。

ホンダ、トヨタは期待薄。
速いのはマクラーレンかな? みたいな前評判。

SC必須。

バリケロは体調不良みたいよ、という情報。



そのバリケロはペースが上がらず、ニックに抜かれた後は後続を蓋。

案の定、スーティルがストップしてSC。
バリケロの前には15秒の空間があったが、これが縮まった。

2ストップ組が入るも、ピット出口赤信号で停まったライコネンとクビサにハミルトンが後ろから追突。
ただしクビサは無傷。
クビサは冷静。運もいい。


BMWはいつものとおり、ハイドフェルドとクビサで作戦を分けてきた。
2ストップのクビサと1ストップのハイドフェルド。
このSCでステイアウトしたハイドフェルドに勝機が見えた。

SC明け。ハイドフェルドに続き、バリケロ、一貴。
ハイドフェルドが入った後は、バリケロがトップを走る。ホンダは今期初のトップ走行。

中嶋一貴は1ストップかと思われたが、タイヤ義務を果たさず。2ストップになった。
そしてそれを行うことなく、バトンと接触して壊したフロントウイングに乗って壁に激突。



この後もアロンソ、フィジケラのコース上ストップでSCが心配された。
ここで出ていればクビサは後方に飲み込まれるところだったが。

体調不良のバリケロは後半ペースが落ち、何とか7位。
後ろのベッテルとコバライネンが争ってくれたおかげで助かった。

トヨタが2台入賞。グロックは2004年のジョーダンでのデビュー戦で、11位のゴール後に前4台が失格で入賞したという記録がある。
そのグロックは、ミスでトゥルーリの順位を下げたりしたが、4位を守った。
カナダ入賞率100% その他のサーキットではポイント0。


クビサが初優勝。
BMWが1-2を決めた。
クルサードが今期初入賞で表彰台。
去年もブルツが表彰台の番狂わせだったが。


1位 クビサ(BMW)
2位 ハイドフェルド(BMW)
3位 クルサード(レッドブル)
4位 グロック(トヨタ)
5位 マッサ(フェラーリ)
6位 トゥルーリ(トヨタ)
7位 バリケロ(ホンダ)
8位 ベッテル(トロロッソ)
------------
9位 コバライネン(マクラーレン)
10位 ロズベルグ(ウィリアムズ)
11位 バトン(ホンダ)
12位 ウェバー(レッドブル)
13位 ブルデー(トロロッソ)
------------
以下リタイヤ
 フィジケラ(フォースインディア)
 中嶋(ウィリアムズ)
 アロンソ(ルノー)
 ピケ(ルノー)
 ライコネン(フェラーリ)
 ハミルトン(マクラーレン)
 スーティル(フォースインディア)
スポンサーサイト
2008.06.09 Mon l F1 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
怒涛のモータースポーツDAYご苦労様です(笑)

自分はF1しか見てませんけど(見れませんけど)
このブログで色々なレース結果を知る事ができて楽しいです。

カナダGPハミルトンの信号無視のおかげで
いろんな意味で楽しかったですね。

あっ、ちなみにmixiにも足跡つけましたv-221
2008.06.10 Tue l やわはら. URL l 編集
No title
ども。
毎度訪問してくださる方がいるとうれしいですね。

レースも色々見始めると楽しいですよ。
私もF1からですが、すぐに飽き足らなくなって20年・・・


ブログからmixiのルートは作ってないつもりだったんですけど(笑)。 あちらは顔見知り専用になってるのですいません。
2008.06.10 Tue l きょ-じゅ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/145-00635f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。