上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前提
・今期から「安全性向上のため」ルールでミラーサイズが拡大された。
・事前に「各車対策するように」主催者から指示があった。
・ホンダNSXは開幕から対応済。日産GT-Rは現場対応で大型化。トヨタSC430は無対応で登場。
・そもそも日産GT-Rのミラーは明らかに小さく、ファンの間でも疑問が上がっていた。

菅生での出来事
・予選前に再度全チームに注意が出された。
・GT-Rは現場でミラーを加工して、2個1にして対応。
・トヨタ勢は何もせず。
・ホンダ系の#18 TAKATA童夢から、トヨタ系#38 ZENTセルモに対して正式に抗議が提出された。
 →抗議が認められて#38は予選タイム末梢。
・同じ車を使うトヨタ系チームは、ミラー片を追加して面積だけルールに合わせて出走。


※なぜ#38だけ?
 ルールで「メーカーに対して」ではなく「チームに対して」の抗議しかできないらしい。
 「1抗議いくら」の申し立て金がかかる。
 「とりあえず速い#38を標的に」
 そんな理由ではないかと思われます。




霧とミラーで大騒ぎのスーパーGT
http://yurataku-ya.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/gt_e09d.html
(ゆらたく屋より)

今回、予選前に#18号車(TAKATA・NSX)チームから各車のミラーが車両規定より小さいとの申し出があり、GTR勢は全車対策をして出場。しかし、そのままだったSC勢に対して、予選後に改めて#38号車(ZENT・SC)のバックミラーが車両規則違反との抗議が#18号車より出され、#38号車はタイム抹消、最後尾からのスタートになりました。SCのバックミラーは前車共通なので、#38号車が犠牲?になったわけです。

これは使われているミラーがレギュレーションの規定サイズより少し小さかった(市販品)って事で、SC勢は全車大慌てで対策をしていましたよ!

画像は宝山SC、ENEOS・SC、ペトロナスSCの各車。ミラーの下に小さな鏡を追加しているのが分かるかな?
pic14893.jpg pic24648.jpg pic17807.jpg pic22483.jpg

 

レースの世界は厳しいですからね~。。。でも一番慌てたのはGT300クラスの参加者たちでした。紫電はオリジナルのミラーですが、出場23チーム中なんと11チームが同一のミラーを使っていましたからね!!
GT300の参加者たちは、ミラーに関して今回はお咎めなしでお願いしますという嘆願書が出され出走したとか・・・。いやはや、大変な事になってきましたねぇ。





トムスのエンジニア東條氏のブログ
http://gazoo.com/G-BLOG/GazooRacing12/76789/Article.aspx

スーパーラップ前にホンダさんからトヨタのミラーサイズについてプロテストが入り、#38の予選タイムが抹消されてしまいました。

規定よりも面積が小さかったと言う事らしいのですが、トヨタチーム全体が同じものを使っているので??でした。

スーパーラップに向けては、鏡面に必要な面積を確保するために、暫定のエクステンションを取り付けて規定サイズを満たしました。

この問題、3メーカーの間では昨日から火種がくすぶっていたので、事前に解決してほしかったと言うのがチームエンジニアとしての本音です。


*****

まあ、各方面でいろんな意見があるもので。
ミラーの役割を果たさないのに面積だけそろえて「ルールどおりでしょ」と主張するトヨタを見て
「トヨタは安全を軽視するのね」と取る人もいるし、「実にトヨタっぽい対応だ」と呆れる人もいるし。
#38を抗議して自分は勝った#18を快く思わない人もいるし。


お、林みのるさんのコメントとか出てるのかな。楽しみ。
スポンサーサイト
2008.07.29 Tue l SGT l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/188-ddd9c8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。