上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
漫画のジャケ買い。

中身確認せずに表紙だけで購入する。(って前にもどこかで説明したか)


「数学」と「ガール」だって。
普段の生活で絶対に結びつかない組み合わせ。

数学ガール 上 (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)数学ガール 上 (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/11/22)
結城 浩

商品詳細を見る


委員長キャラとも違う、メガネかけた優等生の女子高生がいて、主人公は数学好きの男。
図書館で数列を論じる二人。
そして主人公に数学を教わっている後輩の女の子。

しかしいきなり同級生に「1024の約数はいくつある?」と聞かれて10秒で答えるのは難しいよなぁ。
でも主人公は考えて答えるレベル。ちょっとそこでハードル高くないか?

1024=2^10 に気づくと、1を加えて11個なんだそうな。
言われれば確かに。


一方で、後輩の女の子に「素数」の定義を聞く主人公。
「なぜ素数に1が含まれないのか」という後輩の疑問。


読んでて立ち止まって考える作品だね。
そう言われると、なぜ1が素数じゃないのか即答できない。
整数の0乗が0じゃなくて1なのは答えられるのに。


「素因数分解の一意性のため」と高校生にしゃべらせてもなぁ。



数列
an=1,0,-1,0,1,0,-1,0,・・・・
bn=1,i,-1,-i,1,i,-1,-i,1,・・・


「iってのは虚数単位?」という問いに
「虚数単位以外にどんなアイがあるの?」
と答える女子高生。なんかこう、ハートを射ぬかれるようなセリフだね(笑)。

パッと見は「振動」と見える2つの数列。
ところがbnを複素平面上にプロットすると、正方形の頂点に見え、さらに単位円が見えてくる。

x^3=1を満たすxの解を 1,ω,ω^2と書くと、複素平面上では正三角形の頂点になるのだが、
これもやはり単位円上の3点。



「キミには・・・ωのワルツが見えているかな?」

そんなセリフを言う女子高生がいるか!(笑)
でもこの表現で男女の三角関係を表現してるなんてねぇ。





↓これと同じような層を狙ってる感じがする。
 こっちも「論理」と「少女」という、ありえない組み合わせがGAP萌えを誘うのかもしれない。

論理少女 1 (1) (シリウスコミックス)論理少女 1 (1) (シリウスコミックス)
(2008/09/22)
つじ 要

商品詳細を見る




すっかり影が薄いけど、こっちも買ってきた。

capeta(カペタ) 18 (18) (講談社コミックスデラックス)capeta(カペタ) 18 (18) (講談社コミックスデラックス)
(2008/11/17)
曽田 正人

商品詳細を見る


中嶋一貴と曽田正人の対談付き。
マカオを目指してF3デビューするカペタ。ステラ・サムスの3台目っていうのは井口の位置なのかしら。
個人的にAYKエンジンを応援中。
スポンサーサイト
2008.11.24 Mon l 紹介 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

1024
ソフトウェアエンジニアなら1024の約数は瞬時に答えられるはず。
2009.01.22 Thu l honten. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/211-3e387172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。