上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近、大麻とか覚醒剤の話がよくでるけど。

タバコ吸う人は、「やめられない気持ち」っていうのがわかるのかな。

「一緒にするな」と言われそうだが。


「やめようと思ったけどまた失敗した」とか、吸わない立場からは同じに見える。



覚醒剤で捕まった女子高生が「付き合ってた人にすすめられて好奇心で」とか言うけど、会社の同僚で吸ってる人たちもみんな似たようなきっかけみたいで。

酒も同じかな。




話変わって。ニュースから

「マンナンライフを提訴=死亡1歳児の遺族-こんにゃくゼリー問題・神戸地裁支部」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000082-jij-soci
3月3日15時52分配信 時事通信

 兵庫県に住む1歳の男児がこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ、昨年9月に死亡した事故で、男児が死亡したのは製造会社「マンナンライフ」(群馬県富岡市)の対応に問題があったためだとして、両親が3日、同社に計約6200万円の損害賠償を求める訴訟を、神戸地裁姫路支部に起こした。 

*****

もはや世間は遺族に同情しないと思うのだが。
それでも訴訟するのは、これをネタにして名を売りたい弁護士とかいるのかな。
裁判員制度が始まったら絶対に勝てなさそう。

まずは食わせた身内の婆さんを訴えないのか?


ま、万一勝てたら儲けられると踏んだんだろうが。



危険地帯に旅行して誘拐されても「自己責任」と言えるようになってきた。
これまでは「国は見殺しにするのか!」みたいな声を拾ってきて声高々と報道するマスコミとかいたけど。



そんな話を同僚としていた前提で。

マン島(イギリス)みたいな公道レースがなぜ日本でできないのか。

そりゃ、事故があったときにどんな対応になるかを考えたら無理だよね。
バイクとか車が悪で、それを作ったメーカーを訴えるんでしょ。
そして安全対策の不備とか。

石原都知事が三宅島でやろうとして、ホンダや他の各社が協賛を断ったら文句言ってたけど。
本当は同調したいんだと思うけど、その後を考えたらねぇ。



また話が変わるんだけど。

「お宅の会社の社員が、健常者のくせに駅前の身障者用駐車場に停めていた。」
と写真までつけて会社に送りつけてきた人がいたそうで。
鬼の首を取ったように「お前のところの社員はマナーが・・・」みたいなことを言ってきたとか。

総務が本人に事情を聞いたら、奥さんが妊娠中で送りに行ったときだったみたいで。
そんな説明を返したのか知らないが、なんかこう、アラ探しして喜ぶ人っているよね。
さもしいっていうのかね。
スポンサーサイト
2009.03.05 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/222-2ea988ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。