上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
元ホンダF1エンジン設計者の書いた本。

著者の田口英治氏は、この本によると第1期と第2期のF1活動にギヤボックスやエンジンの設計者として関わり、第3期開始直前に定年退職(3か月ほど早期だったようだが)した後、スイスのザウバー(後藤治さんのところ)を経て、イギリスのリカルド社に籍を置いている。現在71歳。

主にホンダF1での体験が描かれている。

1967年のホンダF1の2勝目に関わり、その後1982年あたりからF1エンジンへ復帰。
第2期の終わりまでずっと関わっていた人物。
1991年のベルギーGPに投入された可変吸気管長の設計者であり、その裏話も。

現場で追加で部品をつけたくなったが、ピットでは作れない。
マクラーレンのロン・デニスが「タグチさん、今ここで図面描けるか?」と問いかけ、30分で図面を描くと、その場でイギリスのマクラーレンファクトリーにFAXし、翌日プライベートジェットで部品が運ばれてきたという。
レースで勝つためにそこまでやるロン・デニスにビックリした話など。

挿絵として出てくる本人の手書きの絵がいかにも設計者らしい。



ホンダF1設計者の現場―スピードを追い求めた30年 (CG BOOKS)ホンダF1設計者の現場―スピードを追い求めた30年 (CG BOOKS)
(2009/03)
田口 英治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2009.03.26 Thu l 紹介 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/230-18058db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。