上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、NHKで岡田斗司夫氏が藤子・F・不二雄について語るというので録画したのだが。

「こだわり人物伝」「藤子・F・不二雄 ふしぎ大百科」
第4回 ひとりぼっちの宇宙戦争
http://www.nhk.or.jp/etv22/wen/summary.html#vol4

異色短編集について紹介していた。

それがきっかけで、自分の蔵書から取り出して読み返してみた。
読んだのはずいぶん前だが、やはり覚えてるもんだな・・・。

「定年退食」という作品が、今読んでさらにショッキングな内容だった。
初出は1973年9月5日号のビッグコミックオリジナル。
この、僕が生まれる前に書かれた作品が。

「定年」の文字にあるように、定年退職した老人が主人公。
空を飛ぶエアカーが走っている描写から、近未来の話であることがうかがわせる。
(その割にファクシミリとか使われているが・・・37年前の作品だし)

老人はある年齢から一切の保障が受けられなくなるという「定員法」が成立している世界。
年金も打ち切られ、医者にもかかれなくなる。
70代の主人公は、定年特別延長の抽選にも漏れて悲観していたところに、総理大臣からの重大声明が。

0501im.jpg

・一次定年を56歳とします。それ以上の生産人口をわが国は必要としません。
・二次定年を57歳から72歳までとします。それ以上の扶養能力をわが国は持ちません。
・73歳以上の方々は本日をもって(中略)年金、食糧、医療その他一切の国家による保障を打ち切ります。

総理大臣がこういうことを言ってしまう世界。
なんだろう、この現実とのギャップは。
この話が書かれた時代から、37年分、作中の時代に近付いているというのに。


その根拠となる背景を公務員が説明しているシーンもあるのだが、

「生産者2.73人で1人の年金生活者を扶養するので・・・」
というセリフが。

えーと、2010年の現在、すでに3人で1人の扶養という割合になっているような。
ってことは・・・。もう未来の話じゃないんだよな。



↓この本で読める。

気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
(1995/07)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る


「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」
もこの巻。
Amazonでもまだ在庫してるのね。1995年の本なのに。


↓こちらも合わせて読むと、老人・年金についてもっと考えさせられる。

「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)
(2010/03/15)
山野 車輪

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2010.05.01 Sat l 紹介 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/326-ab417a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。