上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先にこのニュースを引用

スポンサー離れテレビ局の大不況。フジは制作費5%カット。視聴率の合格ラインは12%。高校以上はすでにテレビを見捨てている

「スポンサーが集まらないのですよ」某局プロデューサーに会うたびに聞こえてくるのが、この言葉だ。番組スポンサーがつかなくなっているらしい。

「昔はいくらでもスポンサーはいた。だが大手スポンサーがどんどん離れてテレビにそっぽを向いている。テレビ局の将来は暗いですね」と話すのは民放幹部だ。この幹部は連日スポンサー周りが日課。今や重役自らスポンサーに出向いて広告の出稿のお願いに当たっている。バブル期では考えられない現象だ。

この原因は、番組視聴率低下にある。20%を越える番組はいまや数えるほどだ。かつては
30%を越える番組も少なくなかったが、今ではこんな数字は不可能に近い。現在の12%。
中には「2ケタでいい」という番組プロデューサーさえいる。考えてみればこの5年前
までは「20%」が合格ラインだった。それが18%に下がり、さらに15%に低下、そして
今では2ケタ…。

その原因は番組の質の低下に尽きる。どの番組を見ても同じ顔ぶれのお笑いタレントが
並び、いまやテレビは小学生、中学生が見る媒体に転落。高校、大学以上の「若者」は
すでにテレビを見捨てている。こんなテレビに不況が深刻な企業が億というスポンサー料
を支払うわけがないのだ。
http://npn.co.jp/article/no/10113104/

その若者たちはネットに流れて、ますますテレビ離れが加速している。
現実はさらに深刻だ。時々テレビを見ていると、自局の番組の宣伝をしている広告を見る。
これは番組にスポット広告が入らないために仕方なく番組スポットで時間を埋めている
というわけだ。また最近は局アナが番組の司会進行をする番組が多くなった。これは
タレントを使えばギャラがかかるが局アナならばギャラはいらないから。そして今
検討されているのは大物キャスターの首切りとか。

そんな状況だから、フジテレビでは番組制作費一律5%カットが実行されているらしい。
タクシーは乗り放題だったが、いまでは原則地下鉄の利用。さらにタクシーを局に
呼ぶのは全面禁止になり、流しのタクシーに乗るようになった。

制作会社の残業はなくなり、決められた時間内で番組制作を求められている。そして
番組制作は下請けから孫受け受注がさらに拡大している。関西テレビの捏造問題は
生かされず、下請けの制作会社への締め付けと負担はますます激しくなっている。
下請け会社のスタッフの年収200万円はざら。フジテレビ社員の年収は40歳平均で
1400万円といわれるように、格差はますま拡大している。
これではまともな番組ができるはずがない。スポンサー離れは自業自得だろう。

*********************************


とりあえず高額なタレントはカットしたんじゃなかろうか。
それによって、逆に番組が良くなったんじゃないだろうか。

みたいなことも考えてしまうわけだが。

今年から変なアニメOPはなくなって、タイヤ解説などわかりやすい説明も増えた。
近藤真彦は僕の中では評価が変わってきていて、モータースポーツに対しては
紳士な人なんだと思っている。
少なくとも愛はあるよね、言ってることがたまにおかしくても(笑)。

関係者インタビューもそこそこ。とはいえ前の日記で書いたように
グリッド上で時間を取ってインタビューしていくなんてシーンはないわけだが。


スペインGPはITVの生中継も見ていた。
ちょっと変なところでCFに行っちゃって、CF明けたらSC終ってスタートしてたりとか。
CFも結構長かったりして。
フジテレビ地上波は、CFの数は多いけど、まあ編集しているだけあってそういう
「重要なところが映ってない」ことは少ない。たまにあるけど。
去年のブラジルGPは生中継だったこともあってかなりグダグダだったけど。


ま、フジテレビの場合は世界一広告宣伝費を使ってるトヨタがいるわけで、
そのトヨタに配慮してニコのエンジンブローがスルーされたり一貴ばっかり注目されるのは仕方がない。
ホンダもスポンサーなんだけど。
そういう意味で、トヨタ・ホンダ・ブリヂストンの3社が少なくともついてくるF1というのは、
一時期に比べてフジテレビにとっては収入源として大きくなっているのかも?
みたいなことも考えてしまう。

実はスペインGP地上波はまだ最後まで見てないので(笑)、また後で加筆があったら
加えようかと思う。
スポンサーサイト
2008.04.28 Mon l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/34-2ce107b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。