上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今の日本、仮面ライダーもウルトラマンも居るのが当たり前になってしまっているけど。
(えと、ウルトラマンは終わっちゃったんだっけ。円谷プロごと)

ウルトラマンも仮面ライダーも不在の時代に育った子供たちの世代がいることはあまり認識されていない気がする。

僕はまさにそのミッシングリンクに育った世代に当たるのだが。
ウルトラマンは1980年のウルトラマン80、仮面ライダーはスーパー1が1979年だったのかな? ゼクロスはシリーズになってなかったはず。
そこで一度終了している。

再び日本に戻ってきたのは、仮面ライダーが1987年。倉田てつをの仮面ライダーBlackだった。

ウルトラマンは1990年にウルトラマンUSAがアメリカから、ケイン・コスギがハヤタ隊員を演じたウルトラマングレートがオーストラリアから来日したような。
これはそれぞれ映画とビデオシリーズなので、正式な復活は平成ウルトラマンシリーズと言われるウルトラマンティガ・ダイナ・ガイアになるのか。

1980~1987年の間の空白。
1976年生まれの僕は、幼稚園~小学校をまさにどちらのヒーローも不在の時代で育ったわけで。
(スーパー戦隊、宇宙刑事は居たけどね)

僕はまだ独学でウルトラマンも仮面ライダーも学んだからいいけど。
図書館で本を読んだり、ちょうど流行り始めたレンタルビデオで見たり。・・・もちろん、ウルトラマンの話を理解する友達ってのはほとんどいなかったのだが。
僕の年代って、2つのシリーズがなかったことで何か疎外感とか不利益を被っていないんだろうか。

ま、僕の場合は独学で学んだことで何か利益になっているかというと、大学時代に上の世代と話が合ったことくらいか・・・。
会社でも食玩のウルトラマン・仮面ライダーフィギュアを机に飾っている人と話はできるけど、その会話に周りがついてこないので特異な存在に思われてしまったような気も。

ところで先日、フジテレビ721で「101回目のプロポーズ」をやっていたけど、このドラマは1980年に金八先生とウルトラマン先生として争っていた2人の教師が、10年後に浅野温子を奪いあう話だということに今さら気づいて。フジテレビはわかっててキャスティングしたのかな。
(どこかで書いたか)
スポンサーサイト
2008.04.07 Mon l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。