上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
東大工学部のオープンハウス。
毎年招待状を貰いながら、8年目にして初参加。
ちょうど大学院のオリエンテーションも重なっていたようで、学生が多く集まっていた。

機械系三学科は新2号館と8号館なのだが、新2号館があまりに立派な建物に変わっていて思わず素通り(笑)。
って、SUBWAYとか看板でてるし。そんなものが構内に・・・。
なんかオシャレな大学っぽくなっていた。

会社から頼まれた研究のヒアリングをして、8号館へ移動。
こっちは変わっていない。確か戦前の建物。
先に地下で最近流行りの学生フォーミュラを見学。
学生時代に出来る経験じゃないよなー。僕らの時はちょうど金もなくて、大学ではろくなことが出来なかった。
今は法人化したことや、企業と連携しやすくなったこと、国からの金も増えた?とかでずいぶん金回りがいいらしい。

加藤先生も筑波大学の方ではふんだんに研究費が使えて、戻ってきても同じように使えるらしい。数千万の装置や1億ちょっとの設備を導入したと言っていた。時代が違う・・・。
パソコンの導入すら出来なかった僕らの時代は何だったのか。
(だから修士課程に行くつもりがまるで無かったのだが)

16:00から同窓生を集めて現在の工学部の状況など。
17:00からは特別講師の講演。

山中俊治氏
http://www.deepscience.miraikan.jst.go.jp/whoswho/2007/02/post_2.html
リーディング・エッジ・デザイン
http://www.lleedd.com/

S57卒の先輩で、ちょうど僕らが学生時代の時にも授業を受けたことがある。
大学2年の時に漫画を描き始め、2年留年。6年の時に日産のデザイン室の人に見せた画が認められて日産に入社。その後フリーになっている。
代表作は Suica導入時の改札デザインと、その派生であるDoCoMoのおサイフケータイの端末デザイン、WILLCOMのSIMなど。

デザインについての非常に興味深い話で、1時間引き込まれた。

・森ビルの回転ドアの事故で、こんな報道がされた。
 「デザイン優先・安全軽視」
 これは非常に違和感のある表現だ。「見栄え優先」ならわかるが、
 デザインというのは機能も安全性も含まれなければおかしい。

という導入から頷かされる。

・「日産の自動車デザインは恐ろしくアートより。」

なるほどー。
スポンサーサイト
2007.06.03 Sun l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。