上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
フェルナンドとミハエルに同じ2秒加算ペナルティ。

これまで例がなかった罰則を同時に、争ってる2人に出すなんてなぁ・・・。実際どちらもペナルティ食らうようなことをしたんだが。

せっかくのチャンスに緊張してポール取れなかった(ように見える)マッサ。
ライコネンが2戦連続ポール。

3位に意外なバリケロ。
4位タイムのバトンは10位降格。あのトラブルは・・・。
気温の低い予選でアレだったら、気温が上がってくるともっと期待できる??

怪しい動きはトヨタだけど。

アロンソは必死にアタックしていたが、フェラーリとの差は歴然。フィジケラも8位に沈んでいる。
今回も結局マスダンパーを外すことに。やはり効いていたと考えざるを得ないよねぇ、外野は。
まあ、実際は外すことでバランスが変わって、タイヤが合わなくなったということが大きいんだと思われる。ルノーはホンダ向けのタイヤを選んできたとか。つまり、マスダンパーありきのタイヤ開発をミシュランはしていたわけで、どんどんホンダに合わなくなっていったのはそういうことだったんだよね。

クビサのデビュー予選。落ち着いて走ってハイドフェルドをノックアウト。9位からスタート。
1997年のハンガリーGPを見に来ていたとか。そのときに勝ったのが今回追い出された(?)ジャック。
そういえばアロウズ・ヤマハのデイモン・ヒルが予選3位から飛び出して、終盤までずっとトップ快走したレースがそれだった。最後にギヤボックスがスタックしてペースダウンし、ジャックに抜かれ2位。ヤマハとアロウズとブリヂストンの初優勝が果たせなかったレースだ。

かつてトヨタで唯一のCARTチャンピオンになり、F1は出たもののクビになって、チャンプカーに戻っていたクリスチアーノ・ダ・マッタがテスト中に鹿とぶつかって意識不明の重体。
1987年のオーストリアGPでは、マクラーレンTAGポルシェを駆るステファン・ヨハンソンが同じく鹿にぶつかっている。


ジムに行った帰りに時間が空いたので、「CR電車でGO!3」と「CR中森明菜・歌姫伝説」をやったら合計3箱出ちゃったので、その分かなー、バトンのトラブルは。。。

懐かしかったので、中森明菜のCDを借りてきた。

コミケのカタログを一回チェックし終わった。
スポンサーサイト
2006.08.06 Sun l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。