FC2ブログ
地元のUHFでは「逆転イッパツマン」を放映しているのであるが。

たまたま録画した回を見ていたら、この25年ほど疑問に思っていた謎を解明するシーンが!

弾丸ヘッド号 に関することなんだけど。

イッパツマンが乗る巨大ロボット「逆転王」の頭の部分になるのが、単独でタイムワープもできるこの「弾丸ヘッド号」。

合体シーンでは飛行機形態のコックピット側をこちらに向けて、トッキュウザウルスの胴体が変形した逆転王の身体と合体し、首が180度回転して逆転王が完成する。

幼稚園の僕が疑問に思ったのが、「弾丸ヘッド号を下から見たら、もしかして逆転王の生首が飛んでいるように見えるのか?」ということ。

当時タカトクトイスから発売されていた「DX逆転王」はこの変形合体を完全再現していたはずだが、買ってもらえず。
(自分の中で優先順位が低かったのでねだっていない)
当時は友達を探せばたいていのオモチャは遊べたものだが、この逆転王と三冠王は人気がなかったのか、持ってる友達がいなかった。結構よく出来ていたと思うんだけど。
(だからタカトクは潰れたのか)

コン・バトラーVの頭部になる「バトルジェット」は、ジェット形態では顔になる部分はシャッターで覆われていた。それはアニメの合体シーンでしっかり描かれているし、バトルジェットの飛行シーンを裏側から映したシーンもちゃんと存在する。

放映当時の超合金は未確認だが、超合金魂ではそのシャッターが再現されていて感動したものである。

さて話を戻すと、イッパツマンの放映で弾丸ヘッド号を裏側から描いたシーンは、これまでの人生で見たことがなかった。
タツノコプロもわざと描かなかったに違いないと思っていた。
「今、裏側映った?」と思っても一瞬で、もちろん1980年代初頭の一般家庭にビデオデッキなどあるはずもなく、コマ送りで見るようなことはできなかった。

果たして生首のまま飛んでいたのか、それともカバーがあったのか。設定されていたのかいなかったのか。

そんな疑問が、今日崩壊。
とうぜんHDDに録画されているものなので、一瞬映った!と思ったシーンを巻き戻してコマ送り。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・・・ばっちり生首でしたよ。ええ。

下から見上げたくないなあ。
スポンサーサイト



2006.07.21 Fri l l top ▲