上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
トルコGP、スーパーアグリF1の撤退で広がった敷地は、デカイことで有名なフォースインディアとマクラーレンのモーターホームで占拠された。
バーニーも「狭い。F1は10チームでいい。」と言っていたが・・・。まさか敷地確保のためにアグリ手助けするのを拒否したんじゃないだろうな。


さて結果。

マッサが3連勝。3年連続ポールTOウイン。
タイヤに厳しいマクラーレン+ハミルトンは辛いと予想されたが、3ストップで燃料が重い時間を少なくし、タイヤへの負担を減らした。
もちろん速さがなければピット1回分の時間は稼げない。結果が3秒遅れで2位というのは上々。
レースの展開次第では優勝もあり得た。

ライコネンは、最後追いかけるのを止めたっぽい。着実に点数を稼ぐポイントリーダー。


BMW勢は目立たなかったが4-5位。
スタート直後にパンク?のピットが余計だったコバライネンは、常にだれかに抑えられるレースでバトンの後ろでゴールするのがやっとだった。

アロンソも単独走行が多く6位。好調レッドブルのウェバーが7位。
ロズベルグはよく頑張って8位入賞。


そしてバトンはまた最終ラップにファステスト。
ホンダ勢2台は1ストップをやってきた。

バトンがハード→ソフト。
バリケロはソフト→ハード。


タイヤが問題になるコース。
ソフトタイヤで持たせることができるのか、という点が問われたが、
フェラーリ2台はソフトスタート。彼らはタイヤに優しいマシンなのでこの作戦が取れる。

そして後方ではバリケロとトヨタのグロックがソフトでのスタートを選んできた。
意外にもこの2台が1ストップ。ペースは速くなかったが、重タン+ソフトでレースの半分を走れるとは。


バトンは1stスティントの終盤をずっとウェバーに抑えられたのが痛かった。
あそこで1周1秒ずつ失った。
そしてソフト+重タンでピットアウトした直後にピケにつつかれて。
彼は軽いのでその時点でルノーの方が速いのは仕方がないが、
バランスを崩してそのあとタイヤのグリップを取り戻すのに時間がかかったようだ。


ハミルトンが3ストップ。ホンダ勢とトヨタのグロックが1ストップ。
チーム、ドライバーによって1、2、3ストップの戦略違いが見られたのは珍しいレース。



GP2でも犬の乱入があったが、レース後に観客がコースに乱入。
またトルコGP開催危機か?

ここ、バーニー所有のコースなんだけどな(笑)。


ということで、最終結果。
R05F.jpg
スポンサーサイト
2008.05.11 Sun l F1 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/81-d017ae8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。