上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
フェラーリ+ミハエルとルノー+アロンソ。
改めて見直して、こいつらのレースは面白い。

第2スティントにおける2人+2チームの駆け引き。
「タイヤがトラブった振りしてペースを2秒落とせ」
と指示して、さらに説得力を増すためにそれをマッサにも強要した(と思われる)フェラーリ。そしてルノーは見事に騙された。

これまでのルノーとマクラーレンあたりのレースではルノーが戦略的に上回ることが多かったが、フェラーリが出てくるとルノーをさらに超える。
ジャン・トッドとロス・ブラウンは本当にすごいし、それに答えられるミハエル。
車検で引っかからないフレキシブルウイングという新兵器があるにしても・・・。

戦略という面では箸にも棒にもかからないホンダ。それ以前の問題が多すぎる。タイヤを温める方法だってメルボルン終わってあわてて考えてるし、そもそもタイヤがまともに選べていない。

バトンに「2秒ペース落とせ」と言ったら実行しそうだけど、それで次のピットで間違いなく何秒で送り出すとか、前に出て燃費セーブしてゴールまで持たせるとか、そういう次元の争いができるようになるのはいつだろう。

ところでF1GPNEWS。大林素子と川井一仁をくっつけようという動きが見え隠れして面白い。あの小学生みたいな否定はいったいなんだろう。
ま、鈴木保奈美の時みたいな報道はないだろうが、でも「大林素子が結婚!」みたいな報道のされかたはするんだろうな。
スポンサーサイト
2006.05.05 Fri l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。