上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
そもそも「トヨタになんて絶対行きたくない」って言ってたと、ガスコインの友人と自称する人から聞いてたんだけどね。

ジョーダン時代は年俸2千万、ルノーで2億円だったガスコイン。ヘッドハンティングに来たトヨタの人間に、

「オレを雇いたかったら12億円持ってきな」

と、自分の思ってる3倍の額を提示したら、あっさり通ってしまったためにトヨタに行くことになったという・・・。

そりゃ、年俸に見合う働きはしないだろう。
でも、あの世界では有能な人材ではあると思う。
いわゆる「船頭多くして」「両雄並び立たず」みたいな感じなんだろう。今頃ガスコインはのんびりできているに違いない。

トーチュウによれば、イギリスの自宅からドイツのファクトリーまでプライベートジェットで通勤していたとか。

かつてジョン・バーナードがフェラーリに雇われたとき、「イタリアで仕事するのはヤダ」とゴネて、イギリスにデザインファクトリーを作らせたという話もあったけど。

でもバーナード作のフェラーリ640(1989年)は、デビュー戦優勝他で計3勝したんだけどね。
スポンサーサイト
2006.04.18 Tue l l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。