上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
“ポール・マッカートニーがトヨタに激怒!” 環境保護のためにレクサスを船便で注文するも、空輸される

“環境に優しい”新車が日本から7,000マイルを空輸されたとあって、元ビートルズのポール・マッカートニー卿は今日、「憤慨している」と語った。

彼は8万4000ポンド(約1700万円)のハイブリッドカーを英国への船便輸送で注文したのだが、ジェット輸送で配達されてきたため、100倍以上もの二酸化炭素を排出したのだ。
レクサスLS600Hは、1キロメートルあたり219gの二酸化炭素を排出する。同サイズの車、例えばXJジャガーだと1キロメートルあたり249gと排出量が多く、ポール卿(65)はトヨタの環境保護に向けた姿勢を称賛していた。

しかし、3週間の船便だと297kgで済むところを現実には空輸したため38,050kgの二酸化炭素を排出し、環境保護への彼の努力も台無しになってしまった。環境関連会社「CO2balance.com」によると、それは車を運転して世界を6周するのに相当する量だという。

ポールの関係者が次のように語った。「彼の意向に背くものだ。ポールにレクサスが提供されることになって、彼は二酸化炭素排出を抑えるハイブリッドカーのリムジンを注文した。ところが、それが空輸されたと分かって、ずっと環境保護の推進運動をしてきた彼は愕然とした。大きい車を日本から英国まで何故飛行機で輸送しようとするのか、彼には全く理解できないことだ」。

車は大韓航空機で5月1日にヒースロー空港に到着した。「環境に優しい車を日本から空輸するのは欺瞞という外ない」と、「CO2balance.com」は言う。トヨタはノーコメントだ。


元記事



ま、問題はその1台を運ぶためにジェット機が飛んだのかどうか。
スポンサーサイト
2008.05.16 Fri l 雑記 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoju27.blog21.fc2.com/tb.php/91-f3758c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。